キャッシング審査について

まずは、消費者金融の審査ついてです。

大手消費者金融であれば、過去に金銭関係で事故がなければ借り入れは可能だと思われます。

事故というのは、過去にローンを組んで返済を滞納したり(いわゆるブラックリスト)、債務整理、自己破産等をしてしまった方達のことを指します。

こういった過去がなければ、審査には何の問題もありません。

そして、即日融資を受けられると思います。

審査時間も、早いところが多くありますので、急を要する方などは銀行ローンではなく、消費者金融からの借り入れを行った方が時間もかからずスピーディーに借り入れできると思います。

そして、ブラックリストに載ってしまった方は、中小の消費者金融に申し込みを行うことをお勧め致します。

中小消費者金融というのは、大手消費者金融と比べ積極的に融資を行う会社が存在しています。

大手消費者金融で融資を受けられない方は、闇金に行くのではなく、中小消費者金融というのを一度自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか?

闇金に借りてしまったら、本当に終わってしまいます。

自動契約機からキャッシング

消費者金融を利用するにあたり、私は自動契約機を通じてお金の借り入れを申し込んだことが有ります。

最近は無人店舗から簡単に契約を楽しめる消費者金融が増えていますが、自動契約機を通じてお金の借入を楽しめるサービスも非常に多いです。

自動契約機を活用する利点といえば、カードや書類などが郵送されてこず、その場で引き取ることが出来る点や、契約にかかるスピードが非常に短く、だれとも対面せずに自分一人のみでこっそりと融資を楽しめる点でしょう。

インターネットからの借入や電話申し込みの場合、キャッシングに必要なカードが後日郵送されて自宅に宅配されてしまうことは多いですが、自動契約機まで出向いてカードを発行してもらい受け取れば、家族や同居人にキャッシングの利用を悟られることも一切有りません。

自動契約機といえば操作が難しそうなイメージがあったのですが実際にはタッチパネル式で非常にわかりやすい簡単な手順で申し込めました。

保障人や担保なども勿論不必要ですし、キャッシングに際して音声でオペレーターさんから丁寧な案内があったりと、自動契約機の操作や融資自体が初めての私でも心強いサポートがあり安心でした。

無人店舗に来店し自動契約機を操作し始めてから、キャッシング完了までに一時間程度もかからなかったので、非常にスピーディーにお金を借りられて助かりました。

大学生でもキャッシングを利用することはできるのか?

キャッシングというとどんなイメージがあるでしょうか。昔は高金利、取立てが怖いというような悪いイメージが強かったと思いますが、今は若い人も利用できるように利用しやすくなっています。当然、大学生でもキャッシングを利用したいと思うことがあります。では、大学生でも実際にキャッシングを利用することはできるのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

まず、大学生の場合にはキャッシングを利用する前にチェックしておくことが2つあります。1つ目は何でしょうか。それは年齢です。基本的にキャッシング会社は20歳未満にはお金を貸しません。それで、まずは自分が20歳を超えているかどうかをチェックしておくことが必要です。

次に確認しておくべきことは収入です。学生の場合にはアルバイトやパートという扱いになると思いますが、それでも毎月安定した収入を得ているのであればキャッシングを利用できる可能性があります。しかし、収入がゼロであれば審査に通るのは非常に厳しいです。

このように大学生でも実際に利用することはできるのですが、そのためには上記の2つの条件は最低限クリアしておきたいところです。ぜひ、申し込む前に自分でチェックしておくようにしましょう。

キャッシングの審査を受ける前に知っておくべき点とは?

キャッシングでカードを作成する場合、必ず審査を受ける必要がありますが、キャッシング会社は審査定義を明らかにしてくれることはまずありません。

ですが審査基準というのは、クレジットカードや銀行のキャッシング審査のほとんどが、審査のゆるさや厳しさなどの強弱はありますがかなり共通しています。

キャッシング審査の基本的な部分では、勤務先や年収・結婚しているかどうか(家族構成)、持ち家の有無などの属性をチェックし、返済能力を確認します。

続いて信用情報をチェックされますが、この信用情報とは今までのキャッシングやローン、クレジットカードの返済履歴のなかで、返済が滞ったことがあったり、キャッシング会社への申し込みが集中しているなどの場合、審査段階で落とされてしまうことになります。

これが世間で言うところのブラック状態なワケですが、最近では携帯電話の支払いが滞っていた場合も、キャッシングの審査落ちの理由になっています。これは携帯電話の本体代の支払いがクレジットの分割払いと同様の扱いになってしまうことが要因となっていますので、携帯料金の滞納にも気をつけるようにしましょう。

学生が利用しやすいキャッシングとは

実家から遠いところにある大学や専門学校に通わなければならない場合は、一人暮らしをするケースがほとんどですが、親からの仕送りと、アルバイトで稼いだ分のお金だけで生活するのはなかなか難しいものがあります。

毎月真面目に家計簿をつけて、節約しながら生活していたとしても、サークル活動や就職活動、合コン、デートなどで出費が続くことがあるので、そんなときにはキャッシングを利用して、足りない分のお金を補充することをおすすめします。

繁華街に出ると、キャッシングを利用できる銀行や消費者金融がたくさんあるので、これまで一度も申し込みをしたことがない方の場合は、どこを選ぶべきかと迷ってしまうかも知れませんね。

そんなときは学生が利用しやすいキャッシングに絞って申し込むようにしてください。

学生が利用しやすいキャッシングの条件は、借りやすくて返しやすいということなので、出来るだけ審査が優しく、金利が低いローン会社を選ぶことが大切です。

銀行は審査が厳しいところが多いので、絶対に合格したいし、出来るだけ早く必要なお金を手にしたいという場合は消費者金融を利用した方が良いでしょう。

消費者金融は金利が高いと思っている人は多いですが、テレビコマーシャルで宣伝しているような、大手の会社は大抵サービスがよく、低金利で利用出来るところが多いので、ホームページを訪問して確認してみると良いでしょう。

複数のローン会社の金利を比較して選べば、高い金利を払わなくてもよくなりますし、あっというまに返し終わるので、また困ったことがあれば利用しようという気になるはずです。

それに消費者金融は銀行に比べると、審査が速いのが特徴なので、今すぐお金が必要なときに、これほど助かることはありません。

大学生や専門学校生であっても、アルバイト収入さえあれば審査に合格しますから、お店に行く時間がないという方は、電話やインターネットを使って申し込むことをおすすめします。

アルバイトをしている時にキャッシングの申込み

私は去年アルバイトとして働いている時にキャッシングの申込をしました。
申込をした金融会社は楽天銀行でした。クレジットカードは早いうちに作っておこうと思い申込をしました。

申込はネット申込と言う方法でしました。夜中3時に申込をして朝の9時に楽天銀行から本人確認の電話がありました。
その時の電話で住所の確認、現在の職業、年収を聞かれて審査すると言われて電話は終わりました。

大体待つこと1時間程で楽天銀行から電話がありました。審査の結果は否決でした。
私は何がいけなかったのか考えた結果やはりアルバイトだと厳しいのかなと思いました。

しばらくしてプロミスに申込をしました。
楽天銀行と同じでネット申込みをしました。申込をしたのが朝の8時でまた9時位にかかってくるかなと思いましたが夕方に電話がありました。

楽天銀行と同様の確認を済ませて審査を待ちました。待つこと2時間程で結果の電話がありました。結果はまた否決でした。

私は次で受からなかったらクレジットカードを諦めようと決めて最後にモビットに申込をしました。

モビットも以前の2社と同じような確認があり審査を待ちました。
待つこと30分で電話よりメールで審査の結果が送られてきました。結果はようやく受かりました。

メールが着てから5分程で電話があり一週間程で郵送でカードが届くと言われました。

私はアルバイトでもキャッシングの審査に通るんだと初めて知りました。
このカードのおかげで今では必要な時に利用する機会が増えました。

アルバイトでもしっかりと審査をしてくる会社があるので色々な消費者金融に申込をしてみる事が大事だと思いました。

キャッシング会社はたくさんありますが!

キャッシングが出来るところは、銀行や消費者金融など様々あると思います。そこで、人気があるところに絞って比較してみたいと思います。

まず初めはアコムです。コマーシャルソングが耳から離れないのは私だけですかね。アコムは最短で30分で借り入れが出来るそうです。休みもなく24時間365日借り入れが出来るそうです。借り入れ診断を3秒で出来るみたいです。平日の昼間なら即日で借り入れが大丈夫だそうです。コンビニでも借り入れが出来るようで便利ですね。アルバイトやパートの方も借り入れが出来て、銀行の傘下なのも安心ですね。

次にアイフルです。アイフルは交渉次第では金利が下がるみたいです。長期的に利用して返済状況も良好な方が金利が低くなるみたいですね。アイフルもアルバイトやパートの方も大丈夫です。非正規でも受かることは多いみたいです。

ネット取引も出来て、スマホや携帯からでも借り入れが出来るそうです。

その次にモビットです。モビットは自宅・職場に連絡が一切ないので、周りにキャッシングをしていることをバレずに済みます。これをWEB完結と言うそうです。

申し込みから返済まで全てがネットで出来るそうですが、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の預金口座が必要になってきます。

モビットもアルバイトやパートの方も借り入れできます。

その他にもたくさんありますし、この3つの中でも細かいサービスがあります。

利用する場合は、上手に利用したいですね。

金利と最大限度額を比較する

複数社のキャッシング商品を比較する際に特に注目したいのが、金利と最大限度額です。キャッシング商品は、それぞれで金利や最大限度額に違いがあります。出来るだけ少ない返済負担でお金を借りたいなら、金利が低い商品を選ぶことが重要になります。しかし、できるだけたくさんのお金を借りたいなら、最大限度額に着目して商品を選ばなくてはなりません。

基本的に、キャッシング商品では借り入れ金額が大きい方が金利が低くなる傾向があります。キャッシング商品によって定められている最大限度額に近い金額を借りれば表示金利の低いほうに近い金利が適用され、借りる金額が低いほど最大金利に近い金利になるのです。

できるだけ利息負担を小さく抑えるには、表示されている金利の中でも最大金利が低めな商品を選ぶと効果的です。そうすれば少額の借り入れでもあまり金利が高くならなくて済みます。

まとまったお金が必要な場合は、最大限度額が大きい商品を選びましょう。キャッシング商品によっては800万円程度まで融資が受けられる場合もあるので、必要な金額に応じて最大限度額を比較して申し込む商品を決めてみてください。

アルバイターのキャッシング

アルバイトとして働いている人はキャッシングができます。

昔、キャッシングはサラリーマン金融と呼ばれていた時代があり、

サラリーマンが利用をするものとのイメージが強く、アルバイトだと利用ができないと勘違いしている一般人も多いです。

サラリーマンがお金を借りる物語も多くあり、アルバイトがお金を借りている物語が少ないために、

アルバイトの人物はキャッシング機関に門前払いされる、と思い込みがちです。

アルバイトでも、定期的な収入があり20歳以上でしたら殆どが借り入れできます。

アルバイトの種類ですが、あまり問われません。

どちらかというと大手であり時給が多いアルバイト先だと有利ですね。

やはり大手だから安心感がある、時給が高いから返済も行ないやすいとのイメージがあります。

また、長期間働いていたり、月収が多額であると更に有利になります。

アルバイトでも月収二十万を得ている人物がおりますが、

そういった高収入だとほとんど審査に通過するでしょう。

アルバイト先に在籍確認の電話が行くので注意が必要です。

アルバイト先で誰かが電話を受け取り、

あなたが在籍していると証明する事ができなければ借り入れができません。

自分が電話を取る事も可能です。

本当に働いているのか、との確認のために電話が行きます。

キャッシングのための本人確認、だとは悟られないような電話内容であるために、そこは安心ができます。

会社にいらっしゃいますか、と尋ねられ、他人が電話口に出て本人が不在の場合はそれだけで在籍確認が終了します。

電話内容は3分もしないためにとってもスピーディーです。

日払いバイトの場合、借り入れが難しくなってしまうのですが、

それでも継続して働いていたり、安定した収入を得ていると証明できれば、

借り入れが可能になる事もありますので相談をしてみると良いです。

本人確認の必要が無い借り入れ方法も、極少ながらもあるために在籍確認が不便な人は要チェックです。

キャッシングの返済方法であるリボルビング払い

キャッシングの返済方法について、一般的によく使われているのが、リボルビング払いです。

割とよく聞く言葉ですが、あまり知られていなかったりします。

これは毎月、定額を返済すればよいものです。

だから、返済が楽にできるというのがメリットだと言ってよいでしょう。

借入額が増えれば、通常は毎月の返済額も増えるものです。

そうすると、返済のための負担が増え、大変です。

そうした点を軽減できるのがこのリボルビング払いの特長と言えます。

ただ、その分、返済期間が長くなるのは覚悟しないといけません。

借り入れは無理がない程度にしておくことが大事です。

リボルビング払いだからと言って、安易に借り過ぎないように注意したいものです。