自動契約機は営業時間が長いので忙しい方でもキャッシングの申し込みができる

消費者金融のキャッシングにはさまざまな申し込みの方法があります。そのなかでも消費者にとってとても便利なのが自動契約機でのキャッシングの申し込みです。自動契約機でのキャッシングの申し込みは店頭での申し込みと比べて営業時間が長いのが特徴で、夜の遅い時間帯でもキャッシングの申し込みができるからです。

そのため仕事の都合上、営業時間内にキャッシングの申し込みに消費者金融の店頭に足を運べないという人でも自動契約機ならば仕事を終えた後の帰宅途中にキャッシングを申し込めるようになっています。これまでキャッシングに興味はあったけれども仕事の都合上、消費者金融の店頭に足を運べなかったという方は自動契約機の方でキャッシングを申し込んでみてはいかがでしょうか。

プロミスのフリーキャッシングの特徴を解説

プロミスではすぐに契約ができ、借りたお金を自由に利用できるフリーキャッシングという便利なローンサービスを取り扱っています。フリーキャッシングの特徴について詳しく解説をしていきます。

・無利息キャッシングができる

プロミスの利用がはじめての人がフリーキャッシングを契約し、EメールアドレスとWeb明細サービスの登録をすることで、最大で30日間無利息キャッシングができるようになります。短期間のキャッシングが非常にお得にできます。

・来店不要で契約できる

フリーキャッシングはインターネットから申し込みができますし、審査通過後の手続きも来店不要で行えます。審査は最短で即日完了するので忙しい場合や急いでいる時に非常に便利です。

無利息サービス

消費者金融や銀行には、無利息サービスを売りにしているところがあります。「初回利用者に限り30日間無利息」と書いているのを見たことがあると思います。普通なら、銀行や消費者金融からお金を借りると利息が発生しますが、無利息サービスを利用すれば、一定期間利息が発生しません。つまり、無利息期間内に完済できれば、利息は一切かかりません。

無利息で借り入れできる金額はほどんどの人は5万から10万円です。このシステムを利用するためには、適用条件をクリアーしなければなりません。

適用条件というのは、例えば、メールアドレスを登録して下さいとか、明細をWEB明細に設定して下さいと要求されることです。会社によって違微妙違うので、利用する前によく確かめて下さい。

楽天銀行カードローンのメリット

大手ネット銀行の楽天銀行には他社のカードローンでは見られない多くのメリットがあるため、初めてカードローン利用をする人に強くおすすめできます。楽天銀行カードローンのメリットについて確認していきましょう。

・専業主婦(主夫)でも契約可能

楽天銀行のカードローンは総量規制対象外のカードローンということもあって、申し込み者本人に継続した収入がない場合でも配偶者に安定した収入があれば契約可能となっています。

・楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行カードローンは入会するだけで誰もが1,000円相当の楽天スーパーポイントをもらうことができます。また入会した翌月末の利用残高が一定額以上であれば、利用条件に応じてさらに楽天スーパーポイントが獲得できます。

ローン契約機やテレビ窓口の利用には注意してください

大手都市銀行の三井住友銀行ではローン契約機、三菱東京UFJ銀行ではテレビ窓口という名前でそこからカードローンの申込みができる機械を設置していますが、これらを利用する場合に注意して欲しい点があります。それは、その場でカードの発行こそ行えますが、すぐには利用できないという点です。

このような無人申込み機は大手消費者金融でも設置しており、それらを利用してカードを発行した場合はすぐに利用が可能なのに対して、銀行カードローンで申込みをした日のうちに発行されたカードは、早くても翌日以降にならないと利用できないのです。

カードだけは先に発行されますが、その後の審査状況によってはそのカードが無駄になってしまう可能性もあります。発行されたカードが使えるようになったかどうかは、審査結果を伝えられる際に分かります。

このように、銀行カードローンの無人申込み機はカードこそ即日発行が可能ですが、即日融資は行っていないので注意してください。

プロミスのメリットとデメリットは「金利」にあり

大手消費者金融のひとつである「プロミス」ですが、インパクトがあるCM広告なので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。プロミスを利用するのに一番のメリットというと「上限金利が大手消費者金融の中では一番低い17.8%」です。

他の大手消費者金融は上限金利が18%のところが多いので、0.2%ほど低く設定されています。初めて消費者金融に借り入れする時は、上限金利が用いられることがほとんどなので、少しでも低く設定されているプロミスを選ぶ方がお得に利用することができます。

しかし、プロミスのデメリットは、メリットでもあった「金利」にあります。上限金利はメリットなのですが、下限金利は他の大手消費者金融より高い設定がされています。下限金利が3%のところが多い中、プロミスは4.5%なので、下限金利で利用するなら他の消費者金融の方が良いでしょう。

増額申込みをする事で限度額の上限を増やす

キャッシングのように利用用途が自由である融資サービスを使いますと注意しておくべき事は限度額です。限度額はキャッシングで借り入れが出来る上限であり、これ以上の借り入れをする事が出来ません。その為、限度額以上の借り入れをしたいのであれば、年収を上げて新規契約をするか、増額をするかといった方法が考えられます。増額をするには、増額申込みをして審査を受けて通過しなければいけません。

新規申込みの審査とは異なり、利用者のキャッシングの利用状況に基づいて判断されますので、利用者が審査を通過するには日頃からの返済をしっかりと行っておく事が大切でしょう。その上で、増額申込みをする事で審査を突破する確率が上がってきます。

アコムは利用する人にとって役立つオプションがいろいろある

私は初めて消費者金融でキャッシングをする時に利用したのはアコムです。なぜアコムを選んだのかというと消費者金融でお金を借りた経験が少ない人はアコムを選びやすいという評判を知ったからです。アコムで実際にキャシングをしたのですが、スムーズに手続きができたので安心しました。

私はアコムについてよく知らなかったのでネットの口コミをチェックしました。その結果、アコムはキャシングを利用する人にとって役立つオプションがいろいろあることが人気の理由だと理解できました。私はアコムのような消費者金融でキャシングをしたことが初めてだったので利息について心配していました。

アコムは想像していたよりも利息が高くなかったので選んで正解でした。

即日で借り入れが可能なキャッシングサービスの利用で資金調達がスムーズになる

キャッシングは、主に消費者金融会社が提供している融資サービスですが、近年では即日で融資が出来る体制作りが行われており、多くのユーザーのニーズに応えられます。利用者は色々な事情でお金が必要となるシーンが多々ありますので、資金調達がスムーズに出来るようにするには、消費者金融会社から即日で融資をしてもらえるようにしなければいけません。

申込みの際にWeb申込みを使いますと、平日14時までの申込みで即日での融資が可能であるとしている消費者金融会社が増加しています。この事を活用すれば、申込みをした日に審査を通過して、消費者金融会社と契約を行い、融資を受けられるようになりますので、資金調達が直ぐに行え、目的の事に使えるでしょう。

大手消費者金融のアイフルの魅力点

PCやスマホで簡単に申込が出来る忙しい人でも安心で、24時間365日申込みが可能な大手のアイフルは誰でも一度は聞いたことがある名前だと思います。アイフルでは、審査に通れば店舗へ行かなくても即日融資をしてくれるので、利便性が高く三井住友銀行グループなので安心も出来ます。

WEBでの契約であれば、来店する事もなく、最短1時間で融資が可能で、30日間の無利息キャンペーンもあり利用者にとっては嬉しい特典です。三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間銀行振込での融資が可能と使い勝手がよりよくなります。郵送される事がないので、気になる誰かにバレてしまう事もなく安心です。急なお金を用意する時にはアイフルを利用すると良いです。