プロミスのメリットとデメリットは「金利」にあり

大手消費者金融のひとつである「プロミス」ですが、インパクトがあるCM広告なので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。プロミスを利用するのに一番のメリットというと「上限金利が大手消費者金融の中では一番低い17.8%」です。

他の大手消費者金融は上限金利が18%のところが多いので、0.2%ほど低く設定されています。初めて消費者金融に借り入れする時は、上限金利が用いられることがほとんどなので、少しでも低く設定されているプロミスを選ぶ方がお得に利用することができます。

しかし、プロミスのデメリットは、メリットでもあった「金利」にあります。上限金利はメリットなのですが、下限金利は他の大手消費者金融より高い設定がされています。下限金利が3%のところが多い中、プロミスは4.5%なので、下限金利で利用するなら他の消費者金融の方が良いでしょう。

増額申込みをする事で限度額の上限を増やす

キャッシングのように利用用途が自由である融資サービスを使いますと注意しておくべき事は限度額です。限度額はキャッシングで借り入れが出来る上限であり、これ以上の借り入れをする事が出来ません。その為、限度額以上の借り入れをしたいのであれば、年収を上げて新規契約をするか、増額をするかといった方法が考えられます。増額をするには、増額申込みをして審査を受けて通過しなければいけません。

新規申込みの審査とは異なり、利用者のキャッシングの利用状況に基づいて判断されますので、利用者が審査を通過するには日頃からの返済をしっかりと行っておく事が大切でしょう。その上で、増額申込みをする事で審査を突破する確率が上がってきます。

アコムは利用する人にとって役立つオプションがいろいろある

私は初めて消費者金融でキャッシングをする時に利用したのはアコムです。なぜアコムを選んだのかというと消費者金融でお金を借りた経験が少ない人はアコムを選びやすいという評判を知ったからです。アコムで実際にキャシングをしたのですが、スムーズに手続きができたので安心しました。

私はアコムについてよく知らなかったのでネットの口コミをチェックしました。その結果、アコムはキャシングを利用する人にとって役立つオプションがいろいろあることが人気の理由だと理解できました。私はアコムのような消費者金融でキャシングをしたことが初めてだったので利息について心配していました。

アコムは想像していたよりも利息が高くなかったので選んで正解でした。

即日で借り入れが可能なキャッシングサービスの利用で資金調達がスムーズになる

キャッシングは、主に消費者金融会社が提供している融資サービスですが、近年では即日で融資が出来る体制作りが行われており、多くのユーザーのニーズに応えられます。利用者は色々な事情でお金が必要となるシーンが多々ありますので、資金調達がスムーズに出来るようにするには、消費者金融会社から即日で融資をしてもらえるようにしなければいけません。

申込みの際にWeb申込みを使いますと、平日14時までの申込みで即日での融資が可能であるとしている消費者金融会社が増加しています。この事を活用すれば、申込みをした日に審査を通過して、消費者金融会社と契約を行い、融資を受けられるようになりますので、資金調達が直ぐに行え、目的の事に使えるでしょう。

大手消費者金融のアイフルの魅力点

PCやスマホで簡単に申込が出来る忙しい人でも安心で、24時間365日申込みが可能な大手のアイフルは誰でも一度は聞いたことがある名前だと思います。アイフルでは、審査に通れば店舗へ行かなくても即日融資をしてくれるので、利便性が高く三井住友銀行グループなので安心も出来ます。

WEBでの契約であれば、来店する事もなく、最短1時間で融資が可能で、30日間の無利息キャンペーンもあり利用者にとっては嬉しい特典です。三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間銀行振込での融資が可能と使い勝手がよりよくなります。郵送される事がないので、気になる誰かにバレてしまう事もなく安心です。急なお金を用意する時にはアイフルを利用すると良いです。

プロミスの無利息キャッシングの紹介を確認

大手消費者金融のプロミスでは同社の利用が初めての人が無担保ローンを契約した場合には30日間無利息で借り入れができるという大きなメリットがあります。このプロミスの無利息キャッシングサービスの詳細について解説をしていきます。

まず無利息キャッシングの開始期間ですが、初回出金日の翌日からが無利息キャッシング期間となります。出金日当日や契約日の翌日から30日間というわけではないので他の金融機関の無利息キャッシングサービスと混同しないように気をつけましょう。

また無利息キャッシングサービスを受けるためにはEメールアドレスを登録してWeb明細サービスを利用する設定にしておく必要があるので、これらの手続きも忘れずに行うようにしましょう。

カードローンの融資限度額を上げる方法

このブログではカードローン申し込み時に融資限度額を少なめで申し込むことを推奨していましたが、ある程度利用していると融資限度額を上げることが可能です。まじめにきちんと返済を続けていると金融機関側から増額を勧められることもありますが、利用者側から申請するのが一般的です。

例えば大手消費者金融では公式サイトから増額の申し込みが可能ですが、その際新たな審査が必要で最初のように当日に契約が完了することはありません。

なおどれだけ増額できるかと言えば10万円単位が一般的です。今10万円なら20万となり、いきなり30万円や40万円となることは困難です。この時も欲張らず少しずつ限度額を上げていけばいいのです。