お得にキャッシングを利用するなら無金利期間のあるプロミスが便利

消費者にとって必要なときにすぐにお金を借りられるキャッシングのサービスは助かる存在です。しかし、キャッシングの場合、お金を借りるための条件が緩いというメリットがある半面で、金利が高く利息の支払いが重荷に感じてしまうというデメリットな面も持ち合わせています。

キャッシングを利用する際には必ず支払う利息のことも返済計画に組み入れておく必要があるのです。ただし、プロミスの場合、対象となる人は限定されてしまいますが初めてキャッシングを利用する人に関しては無利息期間が用意されており、その期間内であればキャッシングでお金を借りたとしても利息は発生しません。

少しでもお得にキャッシングを利用したいのであればプロミスのキャッシングをおすすめします。

新生銀行のノーローンってご存知ですか?

新生銀行は来春レイクを廃業し、新会社である消費者金融を新設し営業権を譲渡します。新生銀行グループにはノーローンという消費者金融があるのに、消費者金融を立ち上げるのはちょっと解せません。

ノーローンはレイクのように宣伝をほとんどしておらず、知る人ぞ知る存在の消費者金融です。融資限度額が300万円とやや少額ながら、レイクの自動契約機を利用できるので、それほど不便ではありません。

ノーローンの最大のウリは、1週間ながら無利息サービスが何度でも使えることです。借金を完済すれば翌月から再び無利息サービスが利用できるのです。このあたりをCMで宣伝するともっと顧客が増えそうですが、新生銀行銀行はそうしませんでした。つくづくやり方が下手な銀行だと思います。

銀行系カードローンが自主規制強化をする背景とは?

近年、即日融資の取りやめや、総量規制の意識、CMの数の制限といった感じで銀行がカードローンを行わないようにすることが進められています。

こういったことが進んでいる背景には、自己破産の件数が若干ですが増えた原因がカードローンにあるのではないかといわれていることです。

カードローンは貸金業法のような強烈な規制はありません。

ですので、自由にやりやすい部分があり、総量規制以上のお金を貸したり、低い金利で勧誘したりと多くの顧客を手に入れつつ、返済が難しくなるくらいのお金も貸してきました。

そういったことによって、業界全体のイメージが悪くなることを恐れて、これからはできる限り悪いイメージをなくすために従来のサービスよりも悪くはなりますが、健全性を取ることとなったのです。

キャッシングの審査では在籍確認と信用情報が重要

消費者がキャッシングを利用するには、消費者金融会社に新規申込みを行い、審査を受けないといけません。審査は、提出された申込書を基に行われていきます。また、本人がキャッシングの新規申込みをしたかどうかを確認する為に、本人確認書類の提出が求められたり、在籍確認の電話が行われたりします。

キャッシングの審査を通過する上で重要な事は、在籍確認が出来て、信用情報によって返済の見込みがあると確認される事です。消費者金融会社では、申込書に記載された勤務先へ申込者が在籍しているのかどうかの電話を行う事で、申し込んだのが本人であるという事を確認します。これによって、融資をする相手が信用出来る者であるかを調べています。在籍電話は、消費者金融会社の名前を出さずに、担当者の名前で電話をかけてきますので、他の人が電話を取っても問題がありません。

消費者金融会社が申込者の信用を知る方法としては、信用情報機関のデータベースに問い合わせをして、過去のキャッシングなどの融資サービスを使って問題が無かったかを確認する事です。しっかりと返済を継続していれば、特に問題はありません。キャッシングの審査の中でも、在籍確認と信用情報の確認は消費者金融会社で重点的に行われていますので、審査を通過したい場合には、この部分について対応していくと良いです。

増額申込みに必要な3つのポイント

金融業者と借入の契約出来ても、最初の限度額は低めにされており、より多く借りるためには増額申込みが必要になります。

ですが当然、申込みをすれば誰でも増額してもらえるわけではなく、増額申込みには増額申込みで、重要なポイントがあります。

まず前提になるのが、信用情報です。

増額申込みで必要になる信用は、金融事故を起こしていないかは勿論、契約時よりも借り入れしている他賃金業者が増えていても損なわれます。

次々に借入先を増やすということは、総量規制に引っかかる可能性や、金銭的余裕が全く無くなっている可能性が高いからです。

信用情報が問題なければ、次は利用実績を見られます。

半年はしっかり返済しないと増額してもらえないと言うのは、この利用実績を作るためです。

多くの金融業者は直近数ヶ月で返済の延滞が起きていないかを見るので、一度返済が遅れた程度なら、その後数ヶ月から半年ほど延滞しなければ、増額申請が通る可能性は十分あります。

最後に必要なのが、増額する理由です。

増額申込みをする時には何のために増額するかを聞かれることも少なくありません。

自分から増額を申込む人は、今までよりお金に困る状態や環境になっている可能性が高いので、借り逃げせずちゃんと返済できるか探りを入れるためです。

矛盾せず、金融業者が納得して信用してくれるような説明をできるよう、理由をしっかりと考えておく必要があります。

プロミスが他の消費者金融より優れている点は?

消費者金融は大手から中小までいろいろな業者がありますが、特に人気があるのはプロミスで利用者が多いです。ほとんどの業者が即日融資に対応していますが、プロミスは他の消費者金融に比べて優れている点がいくつかあります。そこでプロミスのどのような点が他の消費者金融より優れているのか見ていく事にしましょう。

・上限金利が低く設定されている

アコム、モビット、アイフルなど大手の消費者金融は上限金利が18%で設定されています。また中小の消費者金融は上限金利が20%で設定されている事もあります。それでお金を借りる時に加算される利息が多くなってしまうので不安を感じてしまいます。しかしプロミスの上限金利は17.8%で設定されているので他の消費者金融より条件が良いです。消費者金融でキャッシングをする時は金利を重視する事も多いのでプロミスを選ぶ傾向があります。

・申し込みから借り入れまでの時間が早い

消費者金融は即日融資を受ける事が出来る点ではほとんどの業者が共通していますが、申し込みから借り入れまでのスピードは異なってきます。業者によっては申し込みをしてから借り入れする事が出来るまで3時間以上かかってしまう事もあります。しかしプロミスは申し込みをしてから約1時間で借り入れする事が出来るので他の業者より融資スピードが優れています。