無職の種類によりカードローンの利用は可能

無職の状態からカードローンを利用するためには、収入を得る必要があります。

カードローンの借り入れを行って返すためには、収入がある必要があるので、無職だと融資を受けることは極めて難しくなってきます。仕事を持っていない人は、アルバイトやパートを見つけて勤務してみるとよいでしょう。

ただ、会社に勤務していないものの、毎月定期的な収入がある人も存在しています。たとえば家賃収入がある人は、毎月安定的な不労所得を得ることができ、経済的にも安定しています。この場合には、仕事に就いていなくても、カードローンを利用することが可能です。

また、投資家やアフィリエイトなどネットを利用して収入を得られている人も、カードローンを利用することができます。投資家やネットの仕事で生計を立てている人は、一般的に無職に定義されます。ただ、個人事業主として申告すれば、仕事を持っていると判断されるので、審査にも通りやすくなってきます。ある程度の収入を持っていて、カードローンの返済を行えるだけの収入を得られる人は、審査に申し込みしてみるとよいでしょう。

サラリーマンとして働いていなくても、カードローンを利用することは可能になってきます。

カードローンの増額申込みは信用実績を積み上げてから

カードローンの審査に通過することを優先して、最初の申込金額を少なく設定している人が少なくありません。ある程度利用を続けるうちに、利用限度額に不足を感じて増額申込みをしたくなるでしょう。利用規約を確認すると、カードローン商品ごとに半年または1年以上経過した後で、増額申込み可能とする規定が見つかるはずです。

慌てて増額申込みを行なってしまうと、残念ながら見送りとなるだけでなく、場合により利用限度額が減額される可能性があることに注意しなければなりません。

カードローンの利用限度額は、返済能力に応じて決まることは確かです。しかし、合わせて信用実績を積み上げておかなければ、増額に成功する可能性が減少してしまいます。個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行い、現在の信用情報に問題がある登録がされていないか確認してみると良いです。

新規申し込み時に比べて良い情報が書き込まれていれば、問題なく増額審査に進むことが出来るでしょう。カードローンは、返済能力と信用度に応じて貸付上限金額が設定されるので、延滞なく継続して1年間返済を続けていて、借入総額が増えていないければ増額審査に通過する可能性が高まります。増額審査に通過した後で、追加借入額が増えることは何ら問題ありません。