主婦でも利用できるキャッシングとは

家計のやりくりを任されている主婦の皆様にとって、想定外やまとまった大きな出費は悩ましい問題ですよね。

自分たちのペースで決められない冠婚葬祭のご祝儀や香典、急な病気による治療費や入院費、小さなお子様の入学や卒業といった節目など、様々な出費が必要となってきます。

このような時に一時的だけでもキャッシングでお金を借りることができれば余裕をもって対応することができますが、収入が少ない、または専業主婦の自分には借りることができないと思われていませんか?

確かに、2010年に法律が改正され、個人は年収の3分の1しか借りられないことになったため、収入が少ない人はほとんど借りることができない状態になってしまいます。

しかし、普通に生活のやりくりのためにお金が必要となる事態も想定されており、そのための制度が夫婦の年収を合わせて計算することが可能になる配偶者貸付というものです。

こちらの制度を利用することで(夫の年収+妻の年収)の3分の1まで借りることが可能となります。

ただし、この制度を利用するには、主婦の本人確認書類、夫婦関係を証明する書類となる住民票や戸籍謄本など、夫の同意書、夫の源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。

キャッシングを行うまでにやや書類をそろえるのが大変ですが、配偶者貸付を行っているクレジットカード会社も少なくありませんので、年収が少なくても必要な時に必要なお金を借りることができるようになっていますよ。

消費者金融のカードローンで既婚者が注意することとは?

今では、消費者金融のカードローンでも銀行口座から振り替えにより、毎月返済することが可能になっています。プロミス、モビット、アコム、アイフルそして銀行系ではあるもののレイクは既婚者が利用する際は注意が必要です。先ず、レイクの場合は新生銀行のカードローンではあるものの、かつての知名度や現在の利息の面で消費者金融と同格と考えられている点を考慮する必要があります。

そもそも、口座振替によるメリットですが毎月の返済忘れを防いだり、わざわざATMから返済する手間を省くといったメリットがあります。しかし、既婚者の場合、毎月の給与振込を自分自身で管理していない場合や共同で利用している場合は、取引履歴すなわち通帳の履歴に引き落とされている情報が残るため、直ぐにバレてしまいます。

では、別の銀行口座を開設し、返済用の口座とする場合どの様な問題があるかというと、専用ATMや提携ATMから返済期日までに入金するのと変わらなくなってしまいます。さらに、常に通帳を持ち歩く必要があり、自宅に保管するということは家族にバレるリスクを伴います。もし、銀行口座からの振替を行うのであれば、紙媒体で履歴の残らないインターネットバンキングの口座をおすすめします。例えば、楽天銀行の銀行口座であれば通帳は無く、専用アプリで取引履歴が確認出来るため、バレるリスクは大幅に下がります。