総量規制対象外のカードローンとは?

カードローンを利用するに当たって、知っておくべきことは総量規制というものです。

総量規制とは、債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分を1を超える貸付を行ってはならないと定めたもので、多重債務を防止することも目的に制定されました。したがって、1社からの貸出金が年収の3分の1以内という意味ではなく、債務者が現在借りている総額が年収の3分の1以下である必要があります。

この創業規制は貸金業法で定められたものであるため、貸金業者に適用されます。貸金業者とは国や都道府県などの登録された業者のことで、消費者金融やクレジットカード会社などがあります。つまり、消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りる場合は、借り入れることができる金額は年収の3分の1以下となります。

では、総量規制対象外となるカードローンは存在するのでしょうか。

それは総量規制が適用されてない金融機関、つまり銀行です。銀行カードローンであれば年収の3分の1を超える借り入れも可能です。ただし、年収の3分の1を超える借り入れが可能といっても、カードローン申し込み時には審査がありますので、年収の3分の1を超える金額を借りることができるというわけではありません。

また、総量規制には除外と例外があり、これに該当する場合は貸金業者を利用した場合でも年収の制限を受けません。例えば、高額医療費の貸付、おまとめローンのための貸付などがあります。