総量規制対象外

改正貸金業法によって定められた総量規制は借入総額を年収の3分の1までと制限するものです。対象となるのは消費者金融や信販会社など貸金業者からの借り入れです。銀行からの借り入れは対象ではありません。貸金業者に申し込んで審査が通らなくても銀行では審査が通ることもあります。

しかし、銀行の借入条件は貸金業者と比べて金利が低いなど消費者にとって有利になることが多いため、銀行の審査は貸金業者と比べて厳しくなることが多いです。申し込んでも厳しい結果がでることも少なくありません。銀行でも審査が通らなかった場合、他に借り入れできるところがないわけではなく、総量規制対象外は銀行だけではなく貸金業者にも用意されているのです。

ただし、すべての借り入れが対象外となるわけではありません。貸金業者からの借り入れで総量規制対象外となるものは自動車購入時における自動車担保契約や緊急医療費のための借り入れ、借り換えなど利用目的が限られていますがこれらは仮に年収の3分の1を超えても借り入れすることができます。しかし、必ず借り入れができるわけでもありません。総量規制は消費者の多重債務からの保護が目的です。この制限を超えて利用できるということはそれだけ審査も厳しくなるということです。