以前作ったキャッシングカード

もう数年前に作ったキャッシングカードが手元にあって
借入れ残高はないんだけど使えるかどうかわからなかったんですが、
試しにATMに通りしたらあっさり使えました。

ゴールデンウィーク明けの給料日前ってどうしても金欠になりやすいんですよねぇ。

つい使いすぎてしまうというか、
羽目を外しやすい時期なんでしょうか。

以前作ったキャッシングカードは、
やっぱり連休明けに家賃が払えなくなって作ったんですが、
家賃をなんとか払ってその後は毎月の返済を重ねて完済しました。

でも何となく罪悪感みたいなものがあってずっと使っていませんでした。

はじめてカードを作ったときってかなりドキドキしたのをいまでもハッキリ覚えています。

そのときもそうでしたが、
あまりにも簡単に作れたのでびっくりしました。

万が一のときのために一枚くらいはキャッシングカードもあったほうが良さそうですね。
審査のスピードもかなり早いのでストレスフリーです。

審査では隠してもバレてしまいます・・・

消費者金融ではフリーローンをはじめとしてビジネスローンや不動産担保ローンなど
様々なローンを提供している会社が多くあります。

すべてのローンに共通しているのが、
申込み者の属性を審査するということです。

審査では生年月日やフルネームはもちろんのこと、
現在の他社からの借り入れ状況なども記入する必要があります。

また、これらの情報をもとに信用情報機関に照会することになります。

ここで注意したいのが、

この信用情報機関には現在の借り入れや過去の取引状況について登録されているということです。

もし申込みのときにウソを書いたりするとすぐにバレてしまいます。

そうなると、審査ではかなり心象が悪くなりますので絶対に辞めるべきです。