審査落ちは本当にデメリットだけなのか?

銀行や消費者金融のキャッシング契約で、残念ながら収入が不足していたり、与信状況が良くないといった場合は審査落ちしてしまいます。審査落ち自体は、確かにデメリットとなり、その後6ヶ月間はキャッシング契約の申し込みを避ける必要があります。

インターネット上では、申し込みブラックや再度審査申し込みが出来なくなるといったデメリットばかりが目立っています。ですが、審査落ち自体は一時のデメリットにしかなりません。

つまり、借り入れが出来ないことにより、借金というデメリット情報は記録されません。また、審査落ちした情報は一定期間が経過すると個人信用情報から消えます。再度申し込みが出来ないということですが、実際には多重債務で審査落ちしたわけではないため、大きなデメリットにはなりません。

審査落ちしたと言っても、その後に受けるデメリットは如何様にも回避することができるということを認識することが重要です。重視されることは、申し込み時点での返済能力や返済見込みが継続的にあるかどうかです。

審査落ちしたからといって、中小消費者金融といったブラック対応で評判の良いキャッシングを契約する方が、より信用度を下げる行為となるため、先ずは生活の見直しや節約に心掛けるのが重要です。ここで、節約できた分の支出は将来的に返済に充てられる余裕とも言え、住宅ローンや自動車ローンの返済も楽にすることが出来ます。

重要なことは、審査落ちということを悲観的に考えず、チャンスに変えることです。

おまとめローンよりも銀行カードローンを利用しよう

おまとめローンは、貸金業法に基づく融資を行っている消費者金融や信販会社が、総量規制に抵触している人が複数の借入先を一本化するために総量規制の例外として提供されているカードローンです。

複数の借り入れが行われているよりも低金利で借り換えを行なうことにより、債務者にとって一方的に有利な借り換えと認められることから、総量規制の例外規定として年収の1/3を超える利用限度額であっても認められるわけです。

しかし、おまとめローンを利用して返済している期間中は、貸金業者からの追加借り入れが出来ない業界ルールが適用されているので、生活が苦しくなるリスクを含んでいます。

一方、銀行カードローンは総量規制対象外ですから、最初から年収の1/3以内という貸付額制限はありません。銀行法という貸金業法とは異なる法律に基づく融資が行われるので、銀行カードローンならば審査次第では大口の利用限度額設定も可能となるわけです。

大きな利用限度額を低金利で利用できれは、既存の消費者金融や信販会社からの借り入れを借り換えることが出来るので、実質的なおまとめローンとして利用出来ます。

また、利用限度額の範囲内ならば追加借り入れがいつでも出来るので、急に借り入れが必要となっても追加融資を受けられるメリットがあります。

消費者金融におけるキャッシング審査の重要な項目とは

一般的にキャッシングの申込みをした時には審査が行われます。そしてこの時に最も重視されるのは貸したお金がキチンと返済されるかと言う点になっていて、本人の返済能力はキャッシング審査の最重要ポイントと言えます。

ただキャッシングの申込みをする方の中には収入が不安定な方も見られ、その様な方の場合は本人ではなく保証人の返済能力が重視されます。例えばパート主婦が申し込みに来た場合、通常は審査は厳しくなりますが配偶者である夫の収入が照明できればキャッシングが可能になる事があります。

またアルバイトの学生などが申し込んだ場合は、最悪のケースでも親から返済してもらう事ができますので両親の職種によってはキャッシングが有利になるとされています。なお、これはあくまでも収入が不安定な方の場合に見られる傾向になっています。

なのでパート主婦であってもアルバイトの学生であっても安定した収入があると判断された場合には審査に通過できる可能性は高くなりますし、社員として働いていると言っても派遣や契約だった場合には審査が難しくなる事があります。

ただし、2~3万円程度の少額のキャッシングであれば上記の様なケースでも返済は問題ないと判断される事が多くなっています。

消費者金融は即日で

基本的には消費者金融というのは即日でお金を貸してくれる可能性があります。ですから、いざというときの資金源として非常に活用しやすい、ということになります。ですから、まずはそうしたところからお金を借りることを考えるようにしましょう。

お金が足りないとき、どうしても必要なとき、というのがあるでしょう。そんなときに活用できるのが即日融資である消費者金融になります。消費者金融というのは、審査があるわけです。書類などを色々と提出することになりますから、それは用意しておきましょう。

即日融資といってもそれができることが前提になります。そもそも貸せるのかどうか、ということがありますからそこから業者を判断することにしたほうがよいでしょう。確実に即日で借りたいのであれば事前にカードを作ってもらっておくことです。

正確に言えば申し込みから即日というわけではない、となってしまうわけですが、最初からカードがあればそれは決められた金額までは貸してもらうことができるようになりますから、まさにお願いをしたらすぐにお金を貸してもらうことができる、ということになります。それこそが消費者金融の使い方としてよい方法であるといえるでしょう。

無職の種類によりカードローンの利用は可能

無職の状態からカードローンを利用するためには、収入を得る必要があります。

カードローンの借り入れを行って返すためには、収入がある必要があるので、無職だと融資を受けることは極めて難しくなってきます。仕事を持っていない人は、アルバイトやパートを見つけて勤務してみるとよいでしょう。

ただ、会社に勤務していないものの、毎月定期的な収入がある人も存在しています。たとえば家賃収入がある人は、毎月安定的な不労所得を得ることができ、経済的にも安定しています。この場合には、仕事に就いていなくても、カードローンを利用することが可能です。

また、投資家やアフィリエイトなどネットを利用して収入を得られている人も、カードローンを利用することができます。投資家やネットの仕事で生計を立てている人は、一般的に無職に定義されます。ただ、個人事業主として申告すれば、仕事を持っていると判断されるので、審査にも通りやすくなってきます。ある程度の収入を持っていて、カードローンの返済を行えるだけの収入を得られる人は、審査に申し込みしてみるとよいでしょう。

サラリーマンとして働いていなくても、カードローンを利用することは可能になってきます。

カードローンの増額申込みは信用実績を積み上げてから

カードローンの審査に通過することを優先して、最初の申込金額を少なく設定している人が少なくありません。ある程度利用を続けるうちに、利用限度額に不足を感じて増額申込みをしたくなるでしょう。利用規約を確認すると、カードローン商品ごとに半年または1年以上経過した後で、増額申込み可能とする規定が見つかるはずです。

慌てて増額申込みを行なってしまうと、残念ながら見送りとなるだけでなく、場合により利用限度額が減額される可能性があることに注意しなければなりません。

カードローンの利用限度額は、返済能力に応じて決まることは確かです。しかし、合わせて信用実績を積み上げておかなければ、増額に成功する可能性が減少してしまいます。個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行い、現在の信用情報に問題がある登録がされていないか確認してみると良いです。

新規申し込み時に比べて良い情報が書き込まれていれば、問題なく増額審査に進むことが出来るでしょう。カードローンは、返済能力と信用度に応じて貸付上限金額が設定されるので、延滞なく継続して1年間返済を続けていて、借入総額が増えていないければ増額審査に通過する可能性が高まります。増額審査に通過した後で、追加借入額が増えることは何ら問題ありません。

主婦でも利用できるキャッシングとは

家計のやりくりを任されている主婦の皆様にとって、想定外やまとまった大きな出費は悩ましい問題ですよね。

自分たちのペースで決められない冠婚葬祭のご祝儀や香典、急な病気による治療費や入院費、小さなお子様の入学や卒業といった節目など、様々な出費が必要となってきます。

このような時に一時的だけでもキャッシングでお金を借りることができれば余裕をもって対応することができますが、収入が少ない、または専業主婦の自分には借りることができないと思われていませんか?

確かに、2010年に法律が改正され、個人は年収の3分の1しか借りられないことになったため、収入が少ない人はほとんど借りることができない状態になってしまいます。

しかし、普通に生活のやりくりのためにお金が必要となる事態も想定されており、そのための制度が夫婦の年収を合わせて計算することが可能になる配偶者貸付というものです。

こちらの制度を利用することで(夫の年収+妻の年収)の3分の1まで借りることが可能となります。

ただし、この制度を利用するには、主婦の本人確認書類、夫婦関係を証明する書類となる住民票や戸籍謄本など、夫の同意書、夫の源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。

キャッシングを行うまでにやや書類をそろえるのが大変ですが、配偶者貸付を行っているクレジットカード会社も少なくありませんので、年収が少なくても必要な時に必要なお金を借りることができるようになっていますよ。

総量規制対象外のカードローンとは?

カードローンを利用するに当たって、知っておくべきことは総量規制というものです。

総量規制とは、債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分を1を超える貸付を行ってはならないと定めたもので、多重債務を防止することも目的に制定されました。したがって、1社からの貸出金が年収の3分の1以内という意味ではなく、債務者が現在借りている総額が年収の3分の1以下である必要があります。

この創業規制は貸金業法で定められたものであるため、貸金業者に適用されます。貸金業者とは国や都道府県などの登録された業者のことで、消費者金融やクレジットカード会社などがあります。つまり、消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りる場合は、借り入れることができる金額は年収の3分の1以下となります。

では、総量規制対象外となるカードローンは存在するのでしょうか。

それは総量規制が適用されてない金融機関、つまり銀行です。銀行カードローンであれば年収の3分の1を超える借り入れも可能です。ただし、年収の3分の1を超える借り入れが可能といっても、カードローン申し込み時には審査がありますので、年収の3分の1を超える金額を借りることができるというわけではありません。

また、総量規制には除外と例外があり、これに該当する場合は貸金業者を利用した場合でも年収の制限を受けません。例えば、高額医療費の貸付、おまとめローンのための貸付などがあります。

あまり知られていないキャッシング申込ブラックって

cc0160160106_TP_Vキャッシング申込ブラックという言葉ご存知でしょうか。初耳だという方も多いと思います。これは業者の間で何社も申込を同時にしている人に使われる業界用語です。キャッシング申込ブラックについて解説します。

・キャッシングの申込をした時点で信用調査会社に信用記録が登録される。

キャッシングを申込むと業者がまず行う作業は信用調査会社に貴方の信用情報の照会を行う事です。実はこの時点で貴方の信用情報にはキャッシングの申込をしているといった情報が記録されます。

・別の所にも申込むと別の金融機関から信用記録がつけられる

別の所に申込むと、新たな信用記録がつけられてしまいます。一般的ですが、1ヶ月の内に四社申込をすると資金に窮した人間の認識を受け、ブラック登録されてしまう様です。

・申込の記録は6ヶ月?1年保存される

申し込んだ記録は信用調査会社によりますが、6ヶ月?1年程度保存されます。この間は新たな申込をしても芳しい結果が出ない期間になります。

いかがでしたか。融資を受けたくて分散して申し込んだらブラックに登録なんて、笑えませんね。基本的に、一番審査が甘いという情報を調べて、そこが落ちたら諦めるといった一点突破作戦にする様にしましょう。

キャッシングを利用するにあたって

そもそもキャッシングとは何か・・・ということをお伝えしようと思うのですがキャッシングとは契約を行ってからいざお金が必要になったというときにATMからお金を引き下ろす(厳密にいえば借金をしている)ことができるシステムのことです。

そもそも確かに普通に借金をすることとどのような違いがあるのかというとキャッシングには審査が存在するということです。もちろんこれも内容はどうであれ審査は審査なので一度認められたものには「返済能力がその人物にはある」という証明になる部分です。これがいかに違うかということはもうわかってもらったと思うのですが信頼の関与の有無にあります。この信頼というものにはお金が関わっていく上で非常に大事なものとなるのでキャッシングでお金を借りることに不安が抜けない方はこのようなこともちゃんと理解しておくと気持ちが楽になると思われます。

また一般的な借金とは違い最低金額に関しても非常に借りやすいという利点も存在し、優良なキャッシングの会社であると契約当初には金利の発生しない期間などが存在しているなど非常に幅広い人々に合った契約スタイルをとっているのでそういう面に関しても非常に便利といえるでしょう。

以上のことはまだキャッシングの紹介としての一部になるわけですがお金を借りる際には十分計画性を持たせてお金を使うように心がけてより生活のためになるようなキャッシング会社を見つけて利用してください。