アイフルの無利息キャッシングサービスの特徴

最近では大手消費者金融のほとんどでは初めての利用者が無担保型のカードローンを契約した場合には、最大で30日間無利息でキャッシングができるというサービスを実施しています。大手消費者金融の一つであるアイフルでも無利息キャッシングサービスが実施されているのですが、アイフルでは他の消費者金融の無利息キャッシングよりも優れたサーブす内容となっているため、無利息キャッシング目当てでキャッシング契約をしたいという人に特におすすめができます。

アコムやプロミスといった消費者金融で無利息キャッシングサービスを受ける場合、初めての利用者であること以外に追加で条件が設定されています。一方でアイフルの場合初めての利用者であること以外に追加で条件が設定されていないため、多くの人が手軽に無利息キャッシングサービスが利用できるようになっているのです。

様々な使い方が出来るアイフルのキャッシング

アイフルでは、キャッシングの初回利用者を対象に利息ゼロでの借入が最大30日間出来ます。この仕組みを活用出来る条件をクリアしているのであれば、返済額を少し下げる事が出来ますので、アイフルのキャッシングが使い易くなるでしょう。

アイフルのキャッシングで借り入れしたお金は、使用用途の制限がありませんので、買い物の支払いや公共料金の支払いなどに使えます。利息は、借入利率に基づいてアイフルで計算されて請求が行われる仕組みですが、分割での返済の場合、ほぼ一定額を返済していく事になりますので、返済の負担は借りた金額に応じて変わってきます。つまり、計画的にアイフルのキャッシングを利用する事で返済負担を重くしないようにする事が可能です。

忙しい人はプロミスのWeb完結申し込みが便利

毎日を忙しく過ごしている方の中には、キャッシングを申し込んでみたいけれどもその手続きをしに店頭に足を運ぶ時間が取れないという方も少なくはないはずです。しかし、消費者金融大手のプロミスならば安心です。

プロミスではキャッシングの申し込みの手続きのすべてをネット上で完結できるWeb完結申し込みの対応しているからです。このWeb完結申し込みでは運転免許証などの身分証明書をウェブ上でアップロードすることができ、郵送の手間がかかりません。

また、Web完結申し込みならば店舗が営業時間外であっても問題なくキャッシングの申し込みを受け付けてくれるので、忙しい毎日を過ごしている方でも自分の都合のいい時にいつでもキャッシングを申し込むことができます。

プロミスのレディースキャッシングの特徴

大手の消費者金融の中でプロミスだけレディースキャッシングのサービスを提供しています。それで女性がキャッシングをする時はプロミスを選ぶ事が多いですが、実際にプロミスのレディースキャッシングはどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

プロミスのレディースキャッシングは即日融資に対応していてしかも初めて利用する時は無利息サービスが適用されます。初回借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来るので返済する時の負担が少なくなります。

またプロミスのレディースキャッシングはWEB完結で申込手続きが出来るので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。特に女性はキャッシングをしているのを他の人に内緒にしたいものなのでメリットになります。

お得にキャッシングを利用するなら無金利期間のあるプロミスが便利

消費者にとって必要なときにすぐにお金を借りられるキャッシングのサービスは助かる存在です。しかし、キャッシングの場合、お金を借りるための条件が緩いというメリットがある半面で、金利が高く利息の支払いが重荷に感じてしまうというデメリットな面も持ち合わせています。

キャッシングを利用する際には必ず支払う利息のことも返済計画に組み入れておく必要があるのです。ただし、プロミスの場合、対象となる人は限定されてしまいますが初めてキャッシングを利用する人に関しては無利息期間が用意されており、その期間内であればキャッシングでお金を借りたとしても利息は発生しません。

少しでもお得にキャッシングを利用したいのであればプロミスのキャッシングをおすすめします。

新生銀行のノーローンってご存知ですか?

新生銀行は来春レイクを廃業し、新会社である消費者金融を新設し営業権を譲渡します。新生銀行グループにはノーローンという消費者金融があるのに、消費者金融を立ち上げるのはちょっと解せません。

ノーローンはレイクのように宣伝をほとんどしておらず、知る人ぞ知る存在の消費者金融です。融資限度額が300万円とやや少額ながら、レイクの自動契約機を利用できるので、それほど不便ではありません。

ノーローンの最大のウリは、1週間ながら無利息サービスが何度でも使えることです。借金を完済すれば翌月から再び無利息サービスが利用できるのです。このあたりをCMで宣伝するともっと顧客が増えそうですが、新生銀行銀行はそうしませんでした。つくづくやり方が下手な銀行だと思います。

銀行系カードローンが自主規制強化をする背景とは?

近年、即日融資の取りやめや、総量規制の意識、CMの数の制限といった感じで銀行がカードローンを行わないようにすることが進められています。

こういったことが進んでいる背景には、自己破産の件数が若干ですが増えた原因がカードローンにあるのではないかといわれていることです。

カードローンは貸金業法のような強烈な規制はありません。

ですので、自由にやりやすい部分があり、総量規制以上のお金を貸したり、低い金利で勧誘したりと多くの顧客を手に入れつつ、返済が難しくなるくらいのお金も貸してきました。

そういったことによって、業界全体のイメージが悪くなることを恐れて、これからはできる限り悪いイメージをなくすために従来のサービスよりも悪くはなりますが、健全性を取ることとなったのです。

プロミスが他の消費者金融より優れている点は?

消費者金融は大手から中小までいろいろな業者がありますが、特に人気があるのはプロミスで利用者が多いです。ほとんどの業者が即日融資に対応していますが、プロミスは他の消費者金融に比べて優れている点がいくつかあります。そこでプロミスのどのような点が他の消費者金融より優れているのか見ていく事にしましょう。

・上限金利が低く設定されている

アコム、モビット、アイフルなど大手の消費者金融は上限金利が18%で設定されています。また中小の消費者金融は上限金利が20%で設定されている事もあります。それでお金を借りる時に加算される利息が多くなってしまうので不安を感じてしまいます。しかしプロミスの上限金利は17.8%で設定されているので他の消費者金融より条件が良いです。消費者金融でキャッシングをする時は金利を重視する事も多いのでプロミスを選ぶ傾向があります。

・申し込みから借り入れまでの時間が早い

消費者金融は即日融資を受ける事が出来る点ではほとんどの業者が共通していますが、申し込みから借り入れまでのスピードは異なってきます。業者によっては申し込みをしてから借り入れする事が出来るまで3時間以上かかってしまう事もあります。しかしプロミスは申し込みをしてから約1時間で借り入れする事が出来るので他の業者より融資スピードが優れています。

プロミスよりアコムを選んでキャッシングをした方がいい2つの理由

アコムとプロミスは大手の消費者金融という点では共通していますが、上限金利の設定が異なります。アコムの上限金利は18%で設定されていますが、プロミスは17.8%で設定されているのでプロミスの方がお得にキャッシングをする事が出来ます。それでアコムよりプロミスを選んでキャッシングをする人が多いですが、アコムを選んだ方がいい場合もあります。そこでプロミスよりアコムを選んだ方がいい理由を挙げていく事にしましょう。

・限度額が高く設定されている

プロミスの限度額は最大500万円までになっているので普通にキャッシングをする時は問題ありませんが、多額の借り入れをする時に問題が発生してしまう可能性があります。それで多額の借り入れをする時に不都合になってしまう事もあります。しかしアコムは限度額が最大800万円までになっているので多額の借り入れをする時も問題が発生する事はほとんどありません。多額の借り入れをしたい時はプロミスよりアコムを選んだ方がいいです。

・顧客への対応が優れている

アコムはプロミスに比べて経営年数が長いので顧客を大切にする傾向があります。それで接客の質なども高いので申し込みの時や問い合わせをした時に親切に対応してくれて気分良くキャッシングをする事が出来ます。

消費者金融選びで身近な条件比較に便利な情報サイトの活用を

現在、各消費者金融共にサービス内容に大きな差が無くなりつつあるキャッシングですが、細かく見ていけば、まだまだ気になる差は存在します。

利息のパーセンテージや借入限度額の枠の大きさ等、キャッシングやローンの仕組みについてかなり勉強した人でないと分かり難い差では無く、借入金の引出しや返済に利用出来る提携銀行や、ATMが利用可能なコンビニといった身近な条件について、最も知りたがっている人が多いものなのです。

各会社のオフィシャルサイトにアクセスすれば、それらの詳細は全て掲載されているものの、短時間で比較したい場合や条件にあった消費者金融を見付けたい場合、面倒臭さが先に立つのは仕方無いところでしょう。

その点、各消費者金融を複数の条件において並列に掲載し比較検討が楽に行える、キャッシング・ローンの情報サイトは大変便利。

キャッシングを検討し始めた時、早速これらのサイトをブックマークしておけば、最適な消費者金融を見付ける近道となってくれるに違いありません。