消費者金融のカードローンで既婚者が注意することとは?

今では、消費者金融のカードローンでも銀行口座から振り替えにより、毎月返済することが可能になっています。プロミス、モビット、アコム、アイフルそして銀行系ではあるもののレイクは既婚者が利用する際は注意が必要です。先ず、レイクの場合は新生銀行のカードローンではあるものの、かつての知名度や現在の利息の面で消費者金融と同格と考えられている点を考慮する必要があります。

そもそも、口座振替によるメリットですが毎月の返済忘れを防いだり、わざわざATMから返済する手間を省くといったメリットがあります。しかし、既婚者の場合、毎月の給与振込を自分自身で管理していない場合や共同で利用している場合は、取引履歴すなわち通帳の履歴に引き落とされている情報が残るため、直ぐにバレてしまいます。

では、別の銀行口座を開設し、返済用の口座とする場合どの様な問題があるかというと、専用ATMや提携ATMから返済期日までに入金するのと変わらなくなってしまいます。さらに、常に通帳を持ち歩く必要があり、自宅に保管するということは家族にバレるリスクを伴います。もし、銀行口座からの振替を行うのであれば、紙媒体で履歴の残らないインターネットバンキングの口座をおすすめします。例えば、楽天銀行の銀行口座であれば通帳は無く、専用アプリで取引履歴が確認出来るため、バレるリスクは大幅に下がります。