消費者金融の審査の基準とは

消費者金融でキャッシングしようとすれば、まず審査を受けて通過しなくてはなりません。

しかし落ちてしまった場合も何故審査に通らなかったのかは公開されない為、そこは自分で理由を予想するしかないのです。

審査でチェックされるのが何なのかについて調べてみると、審査で大きいのはまず属性でした。

属性とは、その申し込み本人の年齢、職業、年収、勤続年数、居住形態といったものです。

年齢は成人しているかどうかが分かれ目となります。

職業でいうと収入が安定しているかどうか、人気商売ではないかどうか。

年収は極端に低くなければ問題なく、むしろ高所得ではなくとも安定していることが大切です。

そして勤続年数。

仕事していてもすぐに辞めてばかりの人は安定した収入とは認められません。

居住形態は、賃貸物件なのか実家なのか。

賃貸だと家賃を支払う必要がある為、審査には不利となります。

そうした属性による返済能力のスコアを付けてそれが基準に達していたら審査を通過するのです。

他にも過去に金融事故を起こしていると、情報が残っている期間は審査には不利となりますので注意しましょう。