銀行系カードローンが自主規制強化をする背景とは?

近年、即日融資の取りやめや、総量規制の意識、CMの数の制限といった感じで銀行がカードローンを行わないようにすることが進められています。

こういったことが進んでいる背景には、自己破産の件数が若干ですが増えた原因がカードローンにあるのではないかといわれていることです。

カードローンは貸金業法のような強烈な規制はありません。

ですので、自由にやりやすい部分があり、総量規制以上のお金を貸したり、低い金利で勧誘したりと多くの顧客を手に入れつつ、返済が難しくなるくらいのお金も貸してきました。

そういったことによって、業界全体のイメージが悪くなることを恐れて、これからはできる限り悪いイメージをなくすために従来のサービスよりも悪くはなりますが、健全性を取ることとなったのです。