解約するとデメリット?解約時の注意点とは?

不要になったカードローンを契約状態にすることは、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンを契約する上でデメリットとなります。また、利用しない期間が長くなると、消費者金融であれば電話連絡することもあり、電話を避ける上でも解約は有効です。

ですが、心配なことは一度解約すると再度申し込みする際に不利にならないかという心配です。結果的に解約により不利になることはなく、むしろ契約したままの状態で、消費者金融が3ヶ月ごとの与信確認で事故情報や与信状況の悪化していると判断される方が不利です。大手消費者金融であれば、再度申し込みの項目が用意されているため、不安に考える必要はありません。

ですが、解約する際に注意したいことは、確実に利用残高をゼロにすること、過入金となっている分を回収することです。例え、1円でもって残高が残ると、返済をしなければ金融事故として扱われてしまいます。また、過剰に返済してしまうと、契約者自身が損をするだけです。

そのため、解約をする際は先ずはフリーダイヤルを利用し、残高がいくらあるのか、精算するためにはどのような対応をすればいいのか確認することが重要となります。電話自体、不安に思われるものの、無碍にあしらわれることや対応が粗末になるということはないため、安心です。