カードローンの増額申込みは信用実績を積み上げてから

カードローンの審査に通過することを優先して、最初の申込金額を少なく設定している人が少なくありません。ある程度利用を続けるうちに、利用限度額に不足を感じて増額申込みをしたくなるでしょう。利用規約を確認すると、カードローン商品ごとに半年または1年以上経過した後で、増額申込み可能とする規定が見つかるはずです。

慌てて増額申込みを行なってしまうと、残念ながら見送りとなるだけでなく、場合により利用限度額が減額される可能性があることに注意しなければなりません。

カードローンの利用限度額は、返済能力に応じて決まることは確かです。しかし、合わせて信用実績を積み上げておかなければ、増額に成功する可能性が減少してしまいます。個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行い、現在の信用情報に問題がある登録がされていないか確認してみると良いです。

新規申し込み時に比べて良い情報が書き込まれていれば、問題なく増額審査に進むことが出来るでしょう。カードローンは、返済能力と信用度に応じて貸付上限金額が設定されるので、延滞なく継続して1年間返済を続けていて、借入総額が増えていないければ増額審査に通過する可能性が高まります。増額審査に通過した後で、追加借入額が増えることは何ら問題ありません。