キャッシングを急いでいる場合、証書貸付を選択肢にする方法もあり!

キャッシング契約と言うと、銀行や大手消費者金融のカードローンが第一候補となります。近年では、スピード審査だけでなく、インターネット申し込みやカードレス化により即日キャッシングが可能な商材が増えています。しかし、銀行カードローンの場合、審査に数日間を要することがあったり、大手消費者金融の場合は審査落ちしてしまうと再度申し込みしても同じ結果になってしまいます。そのため、キャッシングを急いでいても、借り入れが出来ないといった事態になり得ます。

そして、近年では銀行や大手消費者金融がカバーし切れない顧客をターゲットに中小消費者金融が広告活動を行い、契約獲得に乗り出しています。中小消費者金融ではスピード審査および振り込みサービスにより、即日キャッシングを実現していますが、審査回答後に契約手続きが必要なケースが多く、勤務中で忙しい場合には契約手続きが遅れてしまう可能性もあります。

そこで注目したいのが、『証書貸付』という方法であり、この場合は審査終了後、希望する銀行口座へ短時間で融資を受けることが可能です。その際、本人確認書類や所得証明書類そして契約書は後日郵送で提出することとなり、申し込み当日中に忙しくて手続きが出来ない場合でも借り入れが可能になっています。