主婦でも利用できるキャッシングとは

家計のやりくりを任されている主婦の皆様にとって、想定外やまとまった大きな出費は悩ましい問題ですよね。

自分たちのペースで決められない冠婚葬祭のご祝儀や香典、急な病気による治療費や入院費、小さなお子様の入学や卒業といった節目など、様々な出費が必要となってきます。

このような時に一時的だけでもキャッシングでお金を借りることができれば余裕をもって対応することができますが、収入が少ない、または専業主婦の自分には借りることができないと思われていませんか?

確かに、2010年に法律が改正され、個人は年収の3分の1しか借りられないことになったため、収入が少ない人はほとんど借りることができない状態になってしまいます。

しかし、普通に生活のやりくりのためにお金が必要となる事態も想定されており、そのための制度が夫婦の年収を合わせて計算することが可能になる配偶者貸付というものです。

こちらの制度を利用することで(夫の年収+妻の年収)の3分の1まで借りることが可能となります。

ただし、この制度を利用するには、主婦の本人確認書類、夫婦関係を証明する書類となる住民票や戸籍謄本など、夫の同意書、夫の源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。

キャッシングを行うまでにやや書類をそろえるのが大変ですが、配偶者貸付を行っているクレジットカード会社も少なくありませんので、年収が少なくても必要な時に必要なお金を借りることができるようになっていますよ。