プロミスのフリーキャッシングを利用するメリットとは

急にお金が必要となったときに非常に助かる金融サービスがカードローンサービスであり、そのニーズの高さから多くの金融機関がカードローン商品の取扱を行っています。カードローン商品の中でも特に高い人気を誇るのがプロミスのフリーキャッシングという商品なのですが、この商品には具体的にどのようなメリットがあるのかについて、詳しく解説をしていきます。

・あらゆる人が申込みできる

満20歳以上69歳以下で、申込み者本人に本人に安定した収入があれば、基本的に誰でも申込みができます。アルバイトをしている学生やパートをしている主婦(主夫)ももちろん申込可能となっています。

・審査が早い

スマートフォンを利用すればどこにいても、どんな時間帯でも申込みができますし、審査結果は最短で即日届きます。またタイミングさえあえば、最短で申込をした当日からキャッシングをすることができます。

・来店不要で契約できる

スマートフォンやパソコンを使って申込みを行い、WEB完結で契約手続きを済ませれば、プロミスの店舗や無人契約機に来店しなくても契約できます。人目が気になる、人に知られずにカードローン契約をしたいという人にとっては最適なカードローンだと考えられますね。

専業主婦でもキャッシングはできるのか?

結論から言いますとできました。

私が利用したのは自動契約機でのキャッシングです。

ただし、保証人が必須です。

私の場合は主人に保証人になってもらい、スムーズにキャッシングを受けられました。

世間ではキャッシング=マイナスイメージだとは思いますが、

家庭の事情などもありますし、私としては親戚や友人にお借りしてご迷惑をおかけするよりは、

金融業社でお借りする方が気が楽だと思っております。

特に友人間で金銭トラブルに発展させたくないので・・・。

月々の返済がきちんとできていれば何も困ることはありませんし、

不測の事態が起こった場合には躊躇なくお借りしています。

もちろん返せる範囲内を考慮した上でお借りしているので家族間でのトラブルもありません。

カードローンの普及が進んだ理由とは?

現在カードローンを利用しているのは約1000万人とされています。カードローンを利用できる年齢幅は20歳から69歳位までですから、現実的には5,6人に1人の割合で利用していることになります。この数字を見ると、カードローンは一般社会に浸透していると言えるのです。

ここまでカードローンの普及が進んだ理由は、銀行カードローンの躍進です。今から10年前には銀行カードローンはほとんどありませんでした。ところが現在は銀行カードローンの総融資残高が消費者金融を超えて、貸し過ぎだと言われるまで成長したのです。

なぜこれほど銀行カードローンが貸せるのかというと、バックに保証会社が付いているからです。審査はほとんど保証会社に丸投げし、もし貸し倒れがあっても保証会社が保証してくれるので銀行は痛くはありません。おまけに総量規制の対象外なので、消費者金融よりも多額の融資が可能となるのです。

消費者金融で審査の際に必要となるものとは

消費者金融のカードローンは銀行のカードローンと比較をすると、審査にかかる時間や審査の際に必要になるものが少なくなっているケースが目立ちます。しかしながら、消費者金融の審査を通過するためには幾つかの書類等の用意が不可欠です。消費者金融の無担保カードローンを契約するために必要となるものについて、詳しくみていきましょう。

まず不可欠となっているのが、本人確認書類です。運転免許証のように顔写真・住所・生年月日などが記載された本人確認書類が必要となるケースが多いので、運転免許証を持っていない場合にはマイナンバーカードなどを用意しておくと良いでしょう。

また利用限度額が50万円を超える申込みや、他社債務残高と申込み申請金額の合計額が100万円を超える場合には収入証明書類が必要となる点に注意が必要です。

専業主婦でも借入可能な銀行系カードローン

ほとんどのキャッシング業者では、アルバイトやパートでも申込みが可能となっているため、主婦でも借りられるチャンスは十分にあります。

しかも、全く収入のない専業主婦でも借りるチャンスはあるのです。ただ専業主婦の場合、アイフルやプロミスといった消費者金融での借入は、総量規制があるためかなり厳しくなっています。

そのため借りるとしたら、総量規制対象外となっている銀行系カードローンに申し込むのがオススメです。専業主婦でも借入を可能としている銀行は、りそな銀行、ソニー銀行、イオン銀行などがあります。

例えば、りそな銀行の場合であれば、インターネットから申し込むことができますし、在籍確認や書類の郵送などがないので、配偶者にバレることなく借り入れることも可能となっています。

急に現金が必要なとき、頼りになるのがキャッシング

普段はあまり借金をするという習慣がなかった私ですが、先日キャッシングのお世話になったことがありまして大変助かりました。

中間管理職である私は、ある日のこと部下を連れて屋台風の飲み屋へ。

ちょっとした慰労の飲み会だったので私が全部ごちそうする、ということで4~5人の部下と飲み屋に行ったのですが、気づけば財布の中身が心もとない模様。

その飲み屋は現金払いだったので、近くのコンビニでこっそりと自分の口座からいくらか引き出そうとしましたが、時間が遅かったのか、取扱い時間外とのこと。

別のコンビニに行って提携のATMがあるかどうかを探すには労力がかかりますし、何しろ宴会の最中に長時間席を外すのも変な話ですよね。

なので、思い切ってクレジットカードのキャンシングを利用しました。おかげで気恥ずかしい思いをせずに済みました。

その時は利息がいくらぐらいになるのかは気にせず利用しましたが、後でネットで利息をシミュレーションしてみると、思っていたよりリーズナブル。

取扱い時間も長く様々なATMで利用できるようなので、必要に応じて今後も活用してみたいと思いました。

銀行カードローンの利便性が高まった背景とは?

現在銀行カードローンで人気No.1は、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。テレビ窓口という無人契約機を使えば、審査は最短20分で回答をもらえるのです。この審査スピードを可能にしたのは、審査を担当しているのが消費者金融最大手のアコムだからです。現在三菱東京UFJ銀行はアコムを傘下に収め、カードローン業のノウハウをアコムから教えてもらっています。ですからバンクイックは、土日祝日でも即日融資が可能という消費者金融並みの利便性を実現しているのです。

アコムが三菱東京UFJ銀行の傘下に入った理由は、過払い返還訴訟により巨額な過払い金返済に追われ、経営が悪化したどころか倒産の危機に陥ったからです。別にアコムに限った話ではないのですが、今から10年以上前まではグレーゾーン金利がまかり通っていました。本来は年18%でしか貸せないのに、29.2%という非常に高金利で貸していたのです。その差額を返還するように全国で裁判を起こされ、ほぼ消費者金融側が負け、過払い金を返還するように命じられたというわけです。

そのおかげで銀行カードローンの利便性は大きく高まりました。しかも消費者金融とは異なり、総量規制の対象外なので原則年収制限はありません。ですからバンクイックをはじめ、銀行カードローンの需要は大きく伸びたのです。

アルバイターのキャッシングには勤務期間が重要

急なアクシデントによる出費はどんな人にでも起こる事で、アルバイトで生計を立てているフリーターでも例外ではありません。

急な出費をやり過ごすためにキャッシングは心強い味方ですが、アルバイトは正社員よりもキャッシングの審査に通りにくいと聞いたこともあると思います。

ですが実際には、フリーターでも条件を満たせば、十分キャッシングの審査を通る可能性を上げることが可能です。

ではどうすればアルバイトでも審査が通りやすくなるかというと、1つの職場に勤めている期間の長さが重要になります。

アルバイトがキャッシングの審査に通りにくい理由は、退職・就職が比較的容易なので、すぐ仕事をやめて収入が不安定になる事を恐れてです。

なので、1年2年と同じ職場でバイトを続けていれば、すぐにバイトを辞める可能性は低く、安定した収入があるとみなされます。

そうなれば、信用情報など他に問題がなければ、たとえアルバイトでも審査が通る可能性はとても高くなるはずです。

ただし、アルバイトでは年収が低くなりがちなので、限度額は低めに設定されることが多いですし、増額の審査はどうしても厳しくなってしまいます。

また、同じく年収の低さが原因で、すでにキャッシングを利用していると、他のキャッシング会社の審査は通りにくくなることにも注意が必要です。

審査落ちは本当にデメリットだけなのか?

銀行や消費者金融のキャッシング契約で、残念ながら収入が不足していたり、与信状況が良くないといった場合は審査落ちしてしまいます。審査落ち自体は、確かにデメリットとなり、その後6ヶ月間はキャッシング契約の申し込みを避ける必要があります。

インターネット上では、申し込みブラックや再度審査申し込みが出来なくなるといったデメリットばかりが目立っています。ですが、審査落ち自体は一時のデメリットにしかなりません。

つまり、借り入れが出来ないことにより、借金というデメリット情報は記録されません。また、審査落ちした情報は一定期間が経過すると個人信用情報から消えます。再度申し込みが出来ないということですが、実際には多重債務で審査落ちしたわけではないため、大きなデメリットにはなりません。

審査落ちしたと言っても、その後に受けるデメリットは如何様にも回避することができるということを認識することが重要です。重視されることは、申し込み時点での返済能力や返済見込みが継続的にあるかどうかです。

審査落ちしたからといって、中小消費者金融といったブラック対応で評判の良いキャッシングを契約する方が、より信用度を下げる行為となるため、先ずは生活の見直しや節約に心掛けるのが重要です。ここで、節約できた分の支出は将来的に返済に充てられる余裕とも言え、住宅ローンや自動車ローンの返済も楽にすることが出来ます。

重要なことは、審査落ちということを悲観的に考えず、チャンスに変えることです。

キャッシングサービスにおける限度額

私は約2年前にプロミスという会社でキャッシングサービスを利用しました。プロミスは三井住友銀行系列の会社なので、三井住友銀行の口座でサービスを開始すると、手数料が無料になります。また、初めての利用だと、30日間利息が無料ということもあり、ここに決めました。

何故、お金が必要になったのかと言うと、私は当時フリーターで、ボーナスも無く、日々の生活で稼いだお金がまったく残りませんでした。この状況をなんとかしたいと考え、正社員として働きたいと思い、就職活動をすることを決断しました。

しかし、就活はなかなか決まらないと、面接に行くだけでかなりのお金が消費されます。日々の生活でギリギリな私は、どうしようかなと悩みました。ネットで色々方法を探っていると、プロミスに出会い、これだと思いました。

キャッシングサービスを利用すると決め、いくら必要なのかおおよその金額を計算したら30万円でした。ですので、私の希望借入額は30万円とオペレーターに伝えました。無理かなと思っていましたが、すぐに了解の返事が返ってき、むしろ限度額を増額しないかと言われた程でした。

理由は、プロミスの限度額は収入の1/3までだということにあります。当時の私の稼ぎは180万円でしたので、限度額は60万円でした。そこで私は限度額を60万円に変更し、30万円を実際に借り入れました。このおかげで就活が余裕をもって行うことが出来、今は社会人となって稼ぎも倍以上になって借金も返済完了しました。

もし、借り入れの金額で悩んでいる方がいれば、収入の1/3がおおよその目安だと理解していけばいいかと思います。