三井住友銀行カードローンの審査で安定した収入を得ていても落ちる要因は?

三井住友銀行カードローンは最短即日で融資可能なので利用する人も多いですが、安定した収入を得ていても審査に落ちてしまう事もあるので注意が必要です。そこで三井住友銀行カードローンの審査で安定した収入を得ていても落ちてしまう要因を挙げていきましょう。

・勤続期間が3ヶ月未満

三井住友銀行カードローンの審査では勤続期間を重視する傾向があって半年以上ある事が可決の目安になっています。半年以下でも収入によっては可決される事がありますが、3ヶ月未満だと落ちてしまう可能性が高いです。三井住友銀行カードローンを利用する時は勤続期間が最低でも3ヶ月以上は必要と考えておきましょう。

・在籍確認が取れない

三井住友銀行の審査の終盤で勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、電話が繋がらないなど在籍確認が取れないと審査に落ちてしまいます。申し込みをする前に勤務先に電話をかけて在籍確認が取れるような状態にしておきましょう。

・過去5年以内に金融事故を起こしている

2~3ヵ月以上支払いを延滞したり返済が困難になって債務整理をした経験があると信用情報機関に金融事故として履歴が残っています。三井住友銀行の審査では信用情報も確認するので過去5年以内に金融事故を起こした事がある人は安定した収入を得ていても審査に落ちてしまいます。

三井住友銀行カードローンの審査で安定した収入を得ていても落ちてしまうのはこのような要因があるので該当していないかどうかをしっかり確認してから申し込みをしましょう。

カードローンは出し入れ自由とは言いますが…

カードローンは設定された限度額の範囲内で自由にお金の出し入れができると言われていますが、毎月の返済日も忘れてはいけません。

カードローンの返済方式は約定返済といい、借り入れ金額に応じた最低返済額以上を定期的に返済していく必要があります。例えば20万円を借りた時の最低返済額が4,000円だった場合、返済日にはその金額以上を返済し、更にいつでも好きな時に返済を行えるということです。

限度額の範囲内であれば借り入れも好きな時に行えますが、それによって毎月の返済金額が変化することがあるので注意してください。この金額は借り入れを行ったタイミングで変化することが多く、借り入れ金額が増えたことで今までより増えたのに気付かずに次回もこれまでと同じ金額しか返済しなかった場合、返済額不足による遅延という扱いになってしまうことがあります。

このように、いくら出し入れが自由とは言っても、それは毎月の返済日や最低返済額とは別の話なので注意してください。尚、返済日以外の返済は任意返済となり、原則的に現在の借入残高から差し引かれます。余裕がある時にこの任意返済によって借入残高を減らしておくと、その後に発生する利息が安くなったり、予定より早く返済が終わるので、返済日以外の返済はすすんで行うに越したことはありません。

おまとめローンよりも銀行カードローンを利用しよう

おまとめローンは、貸金業法に基づく融資を行っている消費者金融や信販会社が、総量規制に抵触している人が複数の借入先を一本化するために総量規制の例外として提供されているカードローンです。

複数の借り入れが行われているよりも低金利で借り換えを行なうことにより、債務者にとって一方的に有利な借り換えと認められることから、総量規制の例外規定として年収の1/3を超える利用限度額であっても認められるわけです。

しかし、おまとめローンを利用して返済している期間中は、貸金業者からの追加借り入れが出来ない業界ルールが適用されているので、生活が苦しくなるリスクを含んでいます。

一方、銀行カードローンは総量規制対象外ですから、最初から年収の1/3以内という貸付額制限はありません。銀行法という貸金業法とは異なる法律に基づく融資が行われるので、銀行カードローンならば審査次第では大口の利用限度額設定も可能となるわけです。

大きな利用限度額を低金利で利用できれは、既存の消費者金融や信販会社からの借り入れを借り換えることが出来るので、実質的なおまとめローンとして利用出来ます。

また、利用限度額の範囲内ならば追加借り入れがいつでも出来るので、急に借り入れが必要となっても追加融資を受けられるメリットがあります。

消費者金融におけるキャッシング審査の重要な項目とは

一般的にキャッシングの申込みをした時には審査が行われます。そしてこの時に最も重視されるのは貸したお金がキチンと返済されるかと言う点になっていて、本人の返済能力はキャッシング審査の最重要ポイントと言えます。

ただキャッシングの申込みをする方の中には収入が不安定な方も見られ、その様な方の場合は本人ではなく保証人の返済能力が重視されます。例えばパート主婦が申し込みに来た場合、通常は審査は厳しくなりますが配偶者である夫の収入が照明できればキャッシングが可能になる事があります。

またアルバイトの学生などが申し込んだ場合は、最悪のケースでも親から返済してもらう事ができますので両親の職種によってはキャッシングが有利になるとされています。なお、これはあくまでも収入が不安定な方の場合に見られる傾向になっています。

なのでパート主婦であってもアルバイトの学生であっても安定した収入があると判断された場合には審査に通過できる可能性は高くなりますし、社員として働いていると言っても派遣や契約だった場合には審査が難しくなる事があります。

ただし、2~3万円程度の少額のキャッシングであれば上記の様なケースでも返済は問題ないと判断される事が多くなっています。

カードローンの資料を請求してみよう

銀行のカードローン選びに迷った時には、資料請求を行うことで適切な商品を選ぶことができます。

色々な銀行でカードローンを提供していますが、それぞれに金利や借入できる条件が異なってきます。その条件を吟味したうえで、審査に通りやすいものや返済しやすいカードローンを適切に選んでいかないといけません。

カードローンの詳細は、各銀行のホームページにも記載されており、チェックすることは可能になっています。ただし、より詳細な情報が欲しい時には資料請求を行ってみるのがおすすめです。

気になる銀行から資料請求を行えば、ホームページをチェックしなくても、カードローンの詳しい情報を確認していくことができます。気になる金利の詳細から借入できる額など、トータルな情報を得ることができ、申し込みしたいと思える銀行を絞り込むことができるのです。資料を取り寄せることで、ネット環境に慣れていない人も確認しやすくなったり、バスや電車の中など移動中でも細かい部分まで確認しやすくなるでしょう。

資料請求は、銀行に相談することで行えますが、ホームページから請求できるようになっている銀行もあるので、利便性を重視したい時には利用してみるとよいです。

キャッシングは主婦でもできます

家計管理をしているので主婦というご家庭も多く、やはりお給料日前になると生活費でいっぱいになり、やりくりが大変だと感じている方も多いです。

そうした場合、キャッシングが利用できると、必要な分をすぐに借り入れできるのにな〜と感じる方も多く、主婦でもキャッシングは利用できるかどうか気になるケースも多々あります。

銀行系のキャッシングは、主婦も申し込み対象になっているので、申し込み時にはご主人のサインも不要でうし、保証人なども必要なく、本人確認できる証明書をカメラアプリで撮影してメールやWebへ添付すれば良いので手軽に申し込みができます。

収入証明書も不要で、健康保険証のコピーを提出するケースが多く、家族に内緒でキャッシングの手続きができるので便利です。銀行ATMからスピーディに手続きすることも可能ですし、機械操作が苦手な方もATMはタッチパネル操作ができるので、活用しやすいです。

本人確認もすぐできますし、審査結果も早ければ40分ほどでわかるのでATMで行うのも便利です。キャッシングが発行されたら、すぐ融資を受けることができるので必要な分を借り入れできるのは、何かと便利ですし、ちょっとお金が必要な時にキャッシングで準備できると安心感があります。

消費者金融は即日で

基本的には消費者金融というのは即日でお金を貸してくれる可能性があります。ですから、いざというときの資金源として非常に活用しやすい、ということになります。ですから、まずはそうしたところからお金を借りることを考えるようにしましょう。

お金が足りないとき、どうしても必要なとき、というのがあるでしょう。そんなときに活用できるのが即日融資である消費者金融になります。消費者金融というのは、審査があるわけです。書類などを色々と提出することになりますから、それは用意しておきましょう。

即日融資といってもそれができることが前提になります。そもそも貸せるのかどうか、ということがありますからそこから業者を判断することにしたほうがよいでしょう。確実に即日で借りたいのであれば事前にカードを作ってもらっておくことです。

正確に言えば申し込みから即日というわけではない、となってしまうわけですが、最初からカードがあればそれは決められた金額までは貸してもらうことができるようになりますから、まさにお願いをしたらすぐにお金を貸してもらうことができる、ということになります。それこそが消費者金融の使い方としてよい方法であるといえるでしょう。

みずほ銀行カードローンの申込基準は?

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が大手銀行と言われていてどの銀行もカードローンのサービスを提供しています。大手銀行のカードローンは低金利で有名ですが、この3社の中ではみずほ銀行カードローンが一番金利が低く設定されています。

返済の事を考えると金利が低く設定されていた方がメリットになるのでみずほ銀行カードローンを選んで利用する人が多いですが、誰でも申し込む事が出来るわけではないのでしっかり把握しておく必要があります。そこでみずほ銀行カードローンの申込基準を確認していきましょう。

みずほ銀行カードローンは年齢が20歳以上66歳未満という利用条件があるので申込基準も年齢が20歳以上66歳未満になります。20歳未満の人と66歳以上の人は申し込む事が出来ないので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンは安定した収入があるというのも利用条件になっているので申込基準も安定した収入がある人になります。安定した収入とは月に一度の収入が見込める事で年収が少なくて問題ありません。また雇用形態も問われないので正社員だけでなく派遣社員やアルバイトでも安定した収入があれば申し込む事が可能です。

アルバイトはキャッシングを利用できるのか

インターネットなどでキャッシングについて調べてみると、アルバイトの人はキャッシングの審査に通りにくいということがよく言及されています。

キャッシングの利用条件には20歳以上で安定した収入があるということになっていますから、未成年の人は文句なく審査に通りませんが、20歳以上であればアルバイトであってもキャッシングを提供する金融機関がアルバイト収入を安定した収入とすればキャッシングを利用することは可能です。アルバイトでも正社員の仕事の収入よりも高額なこともありますから、アルバイトだからといって、審査に通りにくいことはないと言ってもいいでしょう。

ただし、アルバイトの人がキャッシングで注意しなければならないのは、アルバイトの収入の継続性と利用限度額についてです。

短期のアルバイトばかりをしている人になりますと、安定した収入と認められないことがあり、審査に通りにくくなることは考えられます。それに、アルバイトで稼ぐ収入があまり多くなければ、キャッシングの利用限度額を少額にされてしまうことがあります。審査に通ってもあまりにも利用限度額が少額であれば、利用の意味がなくなってしまうかもしれないということです。

急いでいるなら即日融資のキャッシングを活用

急遽まとまったお金が必要になるケースがあります。

給料日までまだ日にちがありお金を工面する手立てがないなら、即日融資に対応したキャッシング会社に申込みしてみましょう。

即日融資というのはキャッシング会社に申し込みをしたその日のうちにお金を借りられるサービスのことです。

今はキャッシング会社の申込み方法もネット対応になっていますから、スピーディーな手続きができます。

まずは申込みしたいキャッシング会社が即日融資が可能かどうかチェックしておきましょう。

もし可能なら、ネット環境のあるパソコンやスマートフォンなどから、必要事項を入力して申込みを行います。

どこの会社も審査はスピーディーですから、電話やメールで結果を教えてくれます。

また、本人確認のために書類が必要となりますから、パスポートや運転免許証などを手元に用意しておくと手続きがスムーズに行えます。

審査に通過したらいよいよ契約です。

そのままWeb上で行って契約してしまえば、会員ページから振込みキャッシングの依頼をしましょう。

自分の希望する銀行口座に希望した額のお金を振込んでくれます。

また、近くに無人契約機があるならそこまで出向いて契約すると、その場でカード発行されます。

キャッシング会社のATMや提携しているコンビニATMからカードで借り入れが行えます。