銀行カードローンでも無人契約機で土日や祝日も申し込み可能!

銀行カードローンといえば、インターネットからWEB完結で申し込みをすれば、短期間で審査が完了し、当日中に借り入れが可能になるものもあります。しかし、金曜日に申し込んだ場合は土日が休業日となってしまい、翌営業日となる月曜日に持ち越しになってしまうのが一般的です。

また、大手消費者金融の様に無人契約機が無いといったイメージ持っている筈です。しかし、メガバンクである三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の場合、ローン契約またはテレビ窓口で土日や祝日でも申し込みが出来るだけでなく、審査から契約手続きも可能になっています。また、三井住友銀行の場合、プロミスの無人契約機でも手続きが可能となっており、低金利で借り入れを行いたいという方には非常に便利になっています。

インターネットからの申し込みの場合、24時間365日、どこからでも申し込みができ、審査自体もスピーディーと考えてしまいます。しかし、無人契約機の場合、手続き自体は入力作業が主体で機械的に行われるように思えますが、オペレーターの対応が行われるため、審査自体も優先的に行われます。

インターネットからの申し込みは、受け付け順による処理となるため、時間帯やタイミングが重要になるものの、無人契約機であれば割り込んで審査を受けられるため、急いでいる時にはメリットとなります。

土日や祝日で消費者金融のキャッシング契約しか出来ないという認識をされている方は、メガバンクのカードローンを検討してみることをおすすめします。

キャッシングを急いでいる場合、証書貸付を選択肢にする方法もあり!

キャッシング契約と言うと、銀行や大手消費者金融のカードローンが第一候補となります。近年では、スピード審査だけでなく、インターネット申し込みやカードレス化により即日キャッシングが可能な商材が増えています。しかし、銀行カードローンの場合、審査に数日間を要することがあったり、大手消費者金融の場合は審査落ちしてしまうと再度申し込みしても同じ結果になってしまいます。そのため、キャッシングを急いでいても、借り入れが出来ないといった事態になり得ます。

そして、近年では銀行や大手消費者金融がカバーし切れない顧客をターゲットに中小消費者金融が広告活動を行い、契約獲得に乗り出しています。中小消費者金融ではスピード審査および振り込みサービスにより、即日キャッシングを実現していますが、審査回答後に契約手続きが必要なケースが多く、勤務中で忙しい場合には契約手続きが遅れてしまう可能性もあります。

そこで注目したいのが、『証書貸付』という方法であり、この場合は審査終了後、希望する銀行口座へ短時間で融資を受けることが可能です。その際、本人確認書類や所得証明書類そして契約書は後日郵送で提出することとなり、申し込み当日中に忙しくて手続きが出来ない場合でも借り入れが可能になっています。

すぐにキャッシングが利用したい場合

消費者金融のキャッシングは、全国のATMを利用して、24時間お金を引き出す事が出来るので、非常に便利に利用する事が出来るでしょう。しかし初めて利用する際は申し込みをして、審査を行ってはじめて、キャッシングを利用する事が出来るようになります。

急いでお金が必要になる場合は、即日融資を希望する方も多いでしょう。即日融資が利用できる為には、様々な条件をクリアする事が大切になるので、即日融資を受ける為の条件などを学んでみましょう。そもそも即日融資とは、どのようなサービスなのでしょうか。

お金の融資を受けたい場合は、申し込んだその日に融資を受けたい場合があります。そのような際には即日融資が可能な消費者金融を利用することになるでしょう。実際に利用するためには銀行の営業時間に間に合うように、申し込みを行い審査を終わらせる必要があります。

少なくとも銀行が閉まる1時間前には申し込みを終わらせたいところですが、なるべく余裕を持って申し込むことが即日融資を利用することになります。また即日融資が利用できない業者もあるので、事前に調べておく必要があるでしょう。即日融資が利用できる業者を選ぶ場合は、信頼性や実績などを頼りに選ぶことで、安全な即日融資が可能になります。

銀行カードローンの過剰融資問題が起こったわけ

大手の新聞などでも取り上げられ、テレビのニュースでも大きな話題になっていますから、銀行カードローンの過剰融資問題は第二の多重債務者問題としてさらに社会問題化する可能性もあります。では、銀行カードローンは審査が厳しいと言われてきたものがどうして過剰融資問題に発展するようになったのでしょうか。大きく分けると2つの理由が考えられます。

一つは銀行の貸出金利が低くなる一方であったために、銀行の収益悪化をカードローンの融資を増やして補おうとしたからです。政府や日銀のゼロ金利政策の継続によって、貸出金利が低くなり、その結果で銀行の利益が少なくなってきました。しかし、銀行カードローンでは金利は数倍以上であるので、まさに金の卵として銀行がカードローンの融資拡大を初めたのです。その結果で過剰融資になっていきました。

もう一つは2010年の貸金業法の改正によって消費者金融では総量規制が導入されたことによって、消費者金融の貸出に大きな規制がかかったことでしょう。一方の銀行は総量規制対象外ですから、貸し放題の状態になっていったことが考えられます。銀行も目の前の人参のような儲けには目がくらんでしまったということでしょう。

キャッシングであると便利な機能とは?

カードローンを契約する場合、スピード審査や即日融資、そして低金利といったことを重要視して検討するのが一般的です。しかし、銀行カードローンを契約するのであれば、付随するサービスにも注目するのがより使い勝手の良い商材が選べます。

今では、インターネットから指定銀行口座へ振り込み融資を受けられるカードローンも増えていますが、日常的に利用するのであれば、自動融資サービスがあるカードローンがオススメです。自分の気付かないうちに融資を受けてしまうと考えますが、クレジットカードや携帯料金の支払いで、口座残高が不足し、引き落とし不能という問題が回避できます。

今では、クレジットカードや携帯料金に含まれる割賦払いの支払遅延情報でローン審査に不利になります。しかし、自動融資サービスを上手に活用する事で金融事故が回避できます。また、銀行の取り扱い時間外となった場合、利用手数料が発生するものの、自動融資サービスでは手数料が掛からず、短期間であれば利息の方が安くて済むというメリットもあります。

カードローンを検討する際は、目立たない部分でのサービスもチェックする事で使い勝手やお得感のアップに繋げることが出来ます。特に都市銀行のカードローンはサービス面で非常に充実しているため、数多くの商材を比較するのがオススメです。

主婦でも利用できるキャッシングとは

家計のやりくりを任されている主婦の皆様にとって、想定外やまとまった大きな出費は悩ましい問題ですよね。

自分たちのペースで決められない冠婚葬祭のご祝儀や香典、急な病気による治療費や入院費、小さなお子様の入学や卒業といった節目など、様々な出費が必要となってきます。

このような時に一時的だけでもキャッシングでお金を借りることができれば余裕をもって対応することができますが、収入が少ない、または専業主婦の自分には借りることができないと思われていませんか?

確かに、2010年に法律が改正され、個人は年収の3分の1しか借りられないことになったため、収入が少ない人はほとんど借りることができない状態になってしまいます。

しかし、普通に生活のやりくりのためにお金が必要となる事態も想定されており、そのための制度が夫婦の年収を合わせて計算することが可能になる配偶者貸付というものです。

こちらの制度を利用することで(夫の年収+妻の年収)の3分の1まで借りることが可能となります。

ただし、この制度を利用するには、主婦の本人確認書類、夫婦関係を証明する書類となる住民票や戸籍謄本など、夫の同意書、夫の源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。

キャッシングを行うまでにやや書類をそろえるのが大変ですが、配偶者貸付を行っているクレジットカード会社も少なくありませんので、年収が少なくても必要な時に必要なお金を借りることができるようになっていますよ。

消費者金融のカードローンで既婚者が注意することとは?

今では、消費者金融のカードローンでも銀行口座から振り替えにより、毎月返済することが可能になっています。プロミス、モビット、アコム、アイフルそして銀行系ではあるもののレイクは既婚者が利用する際は注意が必要です。先ず、レイクの場合は新生銀行のカードローンではあるものの、かつての知名度や現在の利息の面で消費者金融と同格と考えられている点を考慮する必要があります。

そもそも、口座振替によるメリットですが毎月の返済忘れを防いだり、わざわざATMから返済する手間を省くといったメリットがあります。しかし、既婚者の場合、毎月の給与振込を自分自身で管理していない場合や共同で利用している場合は、取引履歴すなわち通帳の履歴に引き落とされている情報が残るため、直ぐにバレてしまいます。

では、別の銀行口座を開設し、返済用の口座とする場合どの様な問題があるかというと、専用ATMや提携ATMから返済期日までに入金するのと変わらなくなってしまいます。さらに、常に通帳を持ち歩く必要があり、自宅に保管するということは家族にバレるリスクを伴います。もし、銀行口座からの振替を行うのであれば、紙媒体で履歴の残らないインターネットバンキングの口座をおすすめします。例えば、楽天銀行の銀行口座であれば通帳は無く、専用アプリで取引履歴が確認出来るため、バレるリスクは大幅に下がります。

カードローンの契約でWeb完結とインターネット申し込みの違いに注意!

銀行カードローンは、インターネットの普及からパソコンやスマートフォン、タブレット端末から手軽に行えるようになりました。その中でも、Web完結すなわち仮審査申し込みから契約手続きまで銀行窓口まで足を運ぶ必要のないサービスが提供されています。しかし、各銀行カードローンの商品案内をしっかり確認しなければならない問題もあります。実際のところ、ホームページ上の商品案内では、『申し込み来店不要』や『インターネットから申し込みが可能』という表現には要注意です。

申し込みまでの流れをしっかりチェックすると、『原則、郵送契約』や『正式な契約は来店手続き』といった記載が小さくされているケースがあり、見落とす可能性があります。そのため、全てインターネット経由で手続きが可能と考えていたのに対し、会社を休んでまで銀行窓口まで足を運ぶこととなってしまいます。特に借り入れを急いでいる場合、手続きが銀行窓口で必要なことやローンカードが到着してからの借り入れになる点などには注意が必要です、さらに、即日振込融資に対応している場合、Web完結では手続きが出来ないケースもあり、FAXや銀行窓口で手続きが必要など、落とし穴が沢山あるため事前のチェックは重要です。

楽天銀行カードローンはおまとめローンや借り換えローンとしても利用可能

楽天銀行が取り扱っているカードローンは、銀行のカードローンなので総量規制対象外となっていますし、ネット銀行ならではの金利の低さと利用限度額の高さを実現しているので、まとまったお金をお得に借り入れることができます。

具体的には、実質年率は1.9%から14.5%であり融資限度額は最高で800万円となっており、大手消費者金融などのカードローンよりも非常に良い条件となっています。

なお、楽天銀行カードローンは用途が自由なローンサービスなので、おまとめローンや借り換えローンとしても利用ができます。もしも消費者金融などから借入をしている場合には、楽天銀行カードローンへ借り換えをすることで、より合理的な返済ができる可能性が高くなります。

なお借り換えをする際の注意点ですが、必ず事前に返済シミュレーションをすることをおすすめします。楽天銀行カードローンではwebから簡単に返済シミュレーションができ、これでどのくらい支払利息が変わるのかを具体的に試算しておくことをおすすめします。

また借り換え前に利用していたローンが利息制限法の上限を超えていた場合には過払い金請求ができる可能性があるので、借り換え前に法律の専門家に相談することをおすすめします。

総量規制対象外のカードローンとは?

カードローンを利用するに当たって、知っておくべきことは総量規制というものです。

総量規制とは、債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分を1を超える貸付を行ってはならないと定めたもので、多重債務を防止することも目的に制定されました。したがって、1社からの貸出金が年収の3分の1以内という意味ではなく、債務者が現在借りている総額が年収の3分の1以下である必要があります。

この創業規制は貸金業法で定められたものであるため、貸金業者に適用されます。貸金業者とは国や都道府県などの登録された業者のことで、消費者金融やクレジットカード会社などがあります。つまり、消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りる場合は、借り入れることができる金額は年収の3分の1以下となります。

では、総量規制対象外となるカードローンは存在するのでしょうか。

それは総量規制が適用されてない金融機関、つまり銀行です。銀行カードローンであれば年収の3分の1を超える借り入れも可能です。ただし、年収の3分の1を超える借り入れが可能といっても、カードローン申し込み時には審査がありますので、年収の3分の1を超える金額を借りることができるというわけではありません。

また、総量規制には除外と例外があり、これに該当する場合は貸金業者を利用した場合でも年収の制限を受けません。例えば、高額医療費の貸付、おまとめローンのための貸付などがあります。