アルバイトはキャッシングを利用できるのか

インターネットなどでキャッシングについて調べてみると、アルバイトの人はキャッシングの審査に通りにくいということがよく言及されています。

キャッシングの利用条件には20歳以上で安定した収入があるということになっていますから、未成年の人は文句なく審査に通りませんが、20歳以上であればアルバイトであってもキャッシングを提供する金融機関がアルバイト収入を安定した収入とすればキャッシングを利用することは可能です。アルバイトでも正社員の仕事の収入よりも高額なこともありますから、アルバイトだからといって、審査に通りにくいことはないと言ってもいいでしょう。

ただし、アルバイトの人がキャッシングで注意しなければならないのは、アルバイトの収入の継続性と利用限度額についてです。

短期のアルバイトばかりをしている人になりますと、安定した収入と認められないことがあり、審査に通りにくくなることは考えられます。それに、アルバイトで稼ぐ収入があまり多くなければ、キャッシングの利用限度額を少額にされてしまうことがあります。審査に通ってもあまりにも利用限度額が少額であれば、利用の意味がなくなってしまうかもしれないということです。

急いでいるなら即日融資のキャッシングを活用

急遽まとまったお金が必要になるケースがあります。

給料日までまだ日にちがありお金を工面する手立てがないなら、即日融資に対応したキャッシング会社に申込みしてみましょう。

即日融資というのはキャッシング会社に申し込みをしたその日のうちにお金を借りられるサービスのことです。

今はキャッシング会社の申込み方法もネット対応になっていますから、スピーディーな手続きができます。

まずは申込みしたいキャッシング会社が即日融資が可能かどうかチェックしておきましょう。

もし可能なら、ネット環境のあるパソコンやスマートフォンなどから、必要事項を入力して申込みを行います。

どこの会社も審査はスピーディーですから、電話やメールで結果を教えてくれます。

また、本人確認のために書類が必要となりますから、パスポートや運転免許証などを手元に用意しておくと手続きがスムーズに行えます。

審査に通過したらいよいよ契約です。

そのままWeb上で行って契約してしまえば、会員ページから振込みキャッシングの依頼をしましょう。

自分の希望する銀行口座に希望した額のお金を振込んでくれます。

また、近くに無人契約機があるならそこまで出向いて契約すると、その場でカード発行されます。

キャッシング会社のATMや提携しているコンビニATMからカードで借り入れが行えます。

無職の種類によりカードローンの利用は可能

無職の状態からカードローンを利用するためには、収入を得る必要があります。

カードローンの借り入れを行って返すためには、収入がある必要があるので、無職だと融資を受けることは極めて難しくなってきます。仕事を持っていない人は、アルバイトやパートを見つけて勤務してみるとよいでしょう。

ただ、会社に勤務していないものの、毎月定期的な収入がある人も存在しています。たとえば家賃収入がある人は、毎月安定的な不労所得を得ることができ、経済的にも安定しています。この場合には、仕事に就いていなくても、カードローンを利用することが可能です。

また、投資家やアフィリエイトなどネットを利用して収入を得られている人も、カードローンを利用することができます。投資家やネットの仕事で生計を立てている人は、一般的に無職に定義されます。ただ、個人事業主として申告すれば、仕事を持っていると判断されるので、審査にも通りやすくなってきます。ある程度の収入を持っていて、カードローンの返済を行えるだけの収入を得られる人は、審査に申し込みしてみるとよいでしょう。

サラリーマンとして働いていなくても、カードローンを利用することは可能になってきます。

カードローンの増額申込みは信用実績を積み上げてから

カードローンの審査に通過することを優先して、最初の申込金額を少なく設定している人が少なくありません。ある程度利用を続けるうちに、利用限度額に不足を感じて増額申込みをしたくなるでしょう。利用規約を確認すると、カードローン商品ごとに半年または1年以上経過した後で、増額申込み可能とする規定が見つかるはずです。

慌てて増額申込みを行なってしまうと、残念ながら見送りとなるだけでなく、場合により利用限度額が減額される可能性があることに注意しなければなりません。

カードローンの利用限度額は、返済能力に応じて決まることは確かです。しかし、合わせて信用実績を積み上げておかなければ、増額に成功する可能性が減少してしまいます。個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行い、現在の信用情報に問題がある登録がされていないか確認してみると良いです。

新規申し込み時に比べて良い情報が書き込まれていれば、問題なく増額審査に進むことが出来るでしょう。カードローンは、返済能力と信用度に応じて貸付上限金額が設定されるので、延滞なく継続して1年間返済を続けていて、借入総額が増えていないければ増額審査に通過する可能性が高まります。増額審査に通過した後で、追加借入額が増えることは何ら問題ありません。

銀行カードローンでも無人契約機で土日や祝日も申し込み可能!

銀行カードローンといえば、インターネットからWEB完結で申し込みをすれば、短期間で審査が完了し、当日中に借り入れが可能になるものもあります。しかし、金曜日に申し込んだ場合は土日が休業日となってしまい、翌営業日となる月曜日に持ち越しになってしまうのが一般的です。

また、大手消費者金融の様に無人契約機が無いといったイメージ持っている筈です。しかし、メガバンクである三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の場合、ローン契約またはテレビ窓口で土日や祝日でも申し込みが出来るだけでなく、審査から契約手続きも可能になっています。また、三井住友銀行の場合、プロミスの無人契約機でも手続きが可能となっており、低金利で借り入れを行いたいという方には非常に便利になっています。

インターネットからの申し込みの場合、24時間365日、どこからでも申し込みができ、審査自体もスピーディーと考えてしまいます。しかし、無人契約機の場合、手続き自体は入力作業が主体で機械的に行われるように思えますが、オペレーターの対応が行われるため、審査自体も優先的に行われます。

インターネットからの申し込みは、受け付け順による処理となるため、時間帯やタイミングが重要になるものの、無人契約機であれば割り込んで審査を受けられるため、急いでいる時にはメリットとなります。

土日や祝日で消費者金融のキャッシング契約しか出来ないという認識をされている方は、メガバンクのカードローンを検討してみることをおすすめします。

キャッシングを急いでいる場合、証書貸付を選択肢にする方法もあり!

キャッシング契約と言うと、銀行や大手消費者金融のカードローンが第一候補となります。近年では、スピード審査だけでなく、インターネット申し込みやカードレス化により即日キャッシングが可能な商材が増えています。しかし、銀行カードローンの場合、審査に数日間を要することがあったり、大手消費者金融の場合は審査落ちしてしまうと再度申し込みしても同じ結果になってしまいます。そのため、キャッシングを急いでいても、借り入れが出来ないといった事態になり得ます。

そして、近年では銀行や大手消費者金融がカバーし切れない顧客をターゲットに中小消費者金融が広告活動を行い、契約獲得に乗り出しています。中小消費者金融ではスピード審査および振り込みサービスにより、即日キャッシングを実現していますが、審査回答後に契約手続きが必要なケースが多く、勤務中で忙しい場合には契約手続きが遅れてしまう可能性もあります。

そこで注目したいのが、『証書貸付』という方法であり、この場合は審査終了後、希望する銀行口座へ短時間で融資を受けることが可能です。その際、本人確認書類や所得証明書類そして契約書は後日郵送で提出することとなり、申し込み当日中に忙しくて手続きが出来ない場合でも借り入れが可能になっています。

すぐにキャッシングが利用したい場合

消費者金融のキャッシングは、全国のATMを利用して、24時間お金を引き出す事が出来るので、非常に便利に利用する事が出来るでしょう。しかし初めて利用する際は申し込みをして、審査を行ってはじめて、キャッシングを利用する事が出来るようになります。

急いでお金が必要になる場合は、即日融資を希望する方も多いでしょう。即日融資が利用できる為には、様々な条件をクリアする事が大切になるので、即日融資を受ける為の条件などを学んでみましょう。そもそも即日融資とは、どのようなサービスなのでしょうか。

お金の融資を受けたい場合は、申し込んだその日に融資を受けたい場合があります。そのような際には即日融資が可能な消費者金融を利用することになるでしょう。実際に利用するためには銀行の営業時間に間に合うように、申し込みを行い審査を終わらせる必要があります。

少なくとも銀行が閉まる1時間前には申し込みを終わらせたいところですが、なるべく余裕を持って申し込むことが即日融資を利用することになります。また即日融資が利用できない業者もあるので、事前に調べておく必要があるでしょう。即日融資が利用できる業者を選ぶ場合は、信頼性や実績などを頼りに選ぶことで、安全な即日融資が可能になります。

銀行カードローンの過剰融資問題が起こったわけ

大手の新聞などでも取り上げられ、テレビのニュースでも大きな話題になっていますから、銀行カードローンの過剰融資問題は第二の多重債務者問題としてさらに社会問題化する可能性もあります。では、銀行カードローンは審査が厳しいと言われてきたものがどうして過剰融資問題に発展するようになったのでしょうか。大きく分けると2つの理由が考えられます。

一つは銀行の貸出金利が低くなる一方であったために、銀行の収益悪化をカードローンの融資を増やして補おうとしたからです。政府や日銀のゼロ金利政策の継続によって、貸出金利が低くなり、その結果で銀行の利益が少なくなってきました。しかし、銀行カードローンでは金利は数倍以上であるので、まさに金の卵として銀行がカードローンの融資拡大を初めたのです。その結果で過剰融資になっていきました。

もう一つは2010年の貸金業法の改正によって消費者金融では総量規制が導入されたことによって、消費者金融の貸出に大きな規制がかかったことでしょう。一方の銀行は総量規制対象外ですから、貸し放題の状態になっていったことが考えられます。銀行も目の前の人参のような儲けには目がくらんでしまったということでしょう。

キャッシングであると便利な機能とは?

カードローンを契約する場合、スピード審査や即日融資、そして低金利といったことを重要視して検討するのが一般的です。しかし、銀行カードローンを契約するのであれば、付随するサービスにも注目するのがより使い勝手の良い商材が選べます。

今では、インターネットから指定銀行口座へ振り込み融資を受けられるカードローンも増えていますが、日常的に利用するのであれば、自動融資サービスがあるカードローンがオススメです。自分の気付かないうちに融資を受けてしまうと考えますが、クレジットカードや携帯料金の支払いで、口座残高が不足し、引き落とし不能という問題が回避できます。

今では、クレジットカードや携帯料金に含まれる割賦払いの支払遅延情報でローン審査に不利になります。しかし、自動融資サービスを上手に活用する事で金融事故が回避できます。また、銀行の取り扱い時間外となった場合、利用手数料が発生するものの、自動融資サービスでは手数料が掛からず、短期間であれば利息の方が安くて済むというメリットもあります。

カードローンを検討する際は、目立たない部分でのサービスもチェックする事で使い勝手やお得感のアップに繋げることが出来ます。特に都市銀行のカードローンはサービス面で非常に充実しているため、数多くの商材を比較するのがオススメです。

主婦でも利用できるキャッシングとは

家計のやりくりを任されている主婦の皆様にとって、想定外やまとまった大きな出費は悩ましい問題ですよね。

自分たちのペースで決められない冠婚葬祭のご祝儀や香典、急な病気による治療費や入院費、小さなお子様の入学や卒業といった節目など、様々な出費が必要となってきます。

このような時に一時的だけでもキャッシングでお金を借りることができれば余裕をもって対応することができますが、収入が少ない、または専業主婦の自分には借りることができないと思われていませんか?

確かに、2010年に法律が改正され、個人は年収の3分の1しか借りられないことになったため、収入が少ない人はほとんど借りることができない状態になってしまいます。

しかし、普通に生活のやりくりのためにお金が必要となる事態も想定されており、そのための制度が夫婦の年収を合わせて計算することが可能になる配偶者貸付というものです。

こちらの制度を利用することで(夫の年収+妻の年収)の3分の1まで借りることが可能となります。

ただし、この制度を利用するには、主婦の本人確認書類、夫婦関係を証明する書類となる住民票や戸籍謄本など、夫の同意書、夫の源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。

キャッシングを行うまでにやや書類をそろえるのが大変ですが、配偶者貸付を行っているクレジットカード会社も少なくありませんので、年収が少なくても必要な時に必要なお金を借りることができるようになっていますよ。